2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。岡山県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。岡山県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…倉敷商

春優勝…関西

春王者の関西に挑む創志学園・西、強力打線の岡山理大付

春季中国大会を制した関西が投打に充実。好投手・西を擁する創志学園、強打の岡山理大付が追う展開となりそうだ。

関西は3番ショートの白井を中心に福島、谷ら好打者の並ぶ打線が威力を発揮。春季大会では毎試合安定して得点をたたき出した。投手陣も昨秋エース格だった栗原に加えて赤穂、森井と春にブルペン陣を支えた2投手が加わり、連戦にも十分対応できる。投打に安定感のある戦いぶりで2014年以来の甲子園に照準を合わせる。

昨夏の甲子園を沸かせたエース西を擁する創志学園は連覇を狙う戦いとなる。西は150キロ台の速球と高速スライダーを擁し、本調子ならば攻略は困難だろう。2番手の草加もストレートの最速は146キロをマーク。投手陣は万全だ。攻撃陣は1番森田を中心に上位陣には力がある。先行逃げ切りで勝利を呼び込みたい。

打力に定評があるのは岡山理大付。俊足好打の核弾頭・吉川から強打の2番・土山へとつなぎ、楠本・梶川・池ノ内と破壊力のある中軸へつながる打線は県内一だろう。投手陣もエース左腕・岩本に加えて長身の金子、平賀と枚数は豊富。理大付らしい攻撃野球で久々の夏代表を狙う。

そのほかでは、投手力に自信を持つ倉敷商、打力ではトップクラスの玉野光南、本格派のサイド右腕・石井を擁する倉敷工、機動力野球の岡山学芸館にも注目だ。

過去5年の岡山県の甲子園戦績

2014年代表…関西     初戦敗退

2015年代表…岡山学芸館  初戦敗退

2016年代表…創志学園   初戦敗退

2017年代表…おかやま山陽 初戦敗退

2018年代表…創志学園   2回戦進出

昨年は県勢の連敗を5で止めた創志学園。しかも九州でも最強クラスだった創成館を相手にしての完勝はエース西の好投とともに鮮烈な印象を与えた。毎年力のあるチームが出場しているだけにもっと勝っていてもお悪しくない印象。今年こそ上位まで勝ち進んでいきたい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.