2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。岩手県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。岩手県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…盛岡大付

春優勝…花巻東

160キロ右腕・佐々木の前に立ちはだかる盛岡大付、花巻東の2強

この夏最も注目を集める大船渡・佐々木だが、甲子園に向けて常連2校がそびえたつ。今年も盛岡大付・花巻東の2強を中心に進むのは間違いないだろう。

花巻東は1年生時から注目を集めた西舘がついに最終学年を迎えた。故障のために苦しい投球が続いていたが、球威は県内トップクラス。制球も安定してきており、最後の夏に復活をかける。打線は花巻東らしい走塁を絡めたうまい点の取り方を熟知している。中軸の水谷・田村にチャンスで回したいところだ。

選抜出場の盛岡大付は持ち味の強力打線が健在。特に岡田、平賀、佐々木、小川とパワーヒッターの並ぶ中軸は壮観だ。期待の1年生松本も加わり、さらに厚みを増した。エース左腕の阿部に加えて木内、石井と甲子園を経験した投手陣が力を発揮すれば2年ぶりの大舞台は近づいてくる。

大船渡は何といってもエース佐々木のピッチングに注目だ。160キロを記録する速球は高校生では規格外の威力を持っており、いかに常連校でも簡単に打ち崩すことはできないだろう。控えの和田や中軸の木下らがエースを援護できれば1984年以来となる甲子園出場も見えてきそうだ。

そのほかでは昨秋に佐々木を攻略した専大北上、打力では県内トップクラスの一関学院、菊池・山崎の2枚看板を擁する盛岡四にも期待がかかる。

過去5年の岩手県の甲子園戦績

2014年代表…盛岡大付  3回戦進出

2015年代表…花巻東   3回戦進出

2016年代表…盛岡大付  3回戦進出

2017年代表…盛岡大付  ベスト8

2018年代表…花巻東   初戦敗退

昨年は花巻東が初戦敗退したものの、それまで5年連続で3回戦以上に進出してきた岩手県勢。全国でも屈指の強豪兼となったのはやはり花巻東と盛岡大付のライバル関係に起因するところが大きい。守りの花巻東と打の盛岡大付とタイプの違う2校が競い合うことで県のレベルが飛躍的に上がってきた。今年も甲子園で岩手勢の活躍から目が離せない。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.