2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。広島県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。広島県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…広陵

春優勝…広島商業

王者・広陵に追随する崇徳、広島商、如水館

選抜出場の広陵が戦力的に頭一つ抜けているか。崇徳広島商如水館など甲子園経験豊富な強豪が続く。

広陵は昨秋の中国大会を制覇し、選抜でも1勝をマーク。経験値で他校と一線を画す。エース河野は小柄ながらストレートは150キロを記録。石原、森の両左腕との三本柱は質量ともに豊富な陣容だ。打線は広陵らしい積極的な攻撃を持ち味とし、切れ目のない打線を形成。センターラインを中心に守備も堅く、穴のない布陣に仕上がっている。狙うはもちろん全国制覇だ。

対抗するのが春季大会で優勝を飾った伝統校・広島商。俊足好打の1番・天井が出塁し、主砲・真鍋が返す攻撃で得点を積み重ねてきた。伝統の守りと機動力は健在であり、倉本・中岡の2本柱も制球力は安定。守りからリズムを作る広商野球で2004年以来の甲子園に照準を合わせる。

早稲田大学で永年指揮を執ったOBの応武監督が就任した崇徳も期待値は高い。投手陣は右の藤田から左の倉本への継投が基本線であり、失点は計算できる。打線は故障で離脱していた主将の池上が復帰予定であり、43年ぶりの夏に向けて万全の布陣を敷けそうだ。

そのほかでは、指揮官交代で揺れたとはいえ底力のある如水館、速球派エース桑田を擁する広島新庄、選抜出場の市呉、競り合いに強いにも注目だ。

過去5年の広島県の甲子園戦績

2014年代表…広陵   初戦敗退

2015年代表…広島新庄 2回戦進出

2016年代表…広島新庄 3回戦進出

2017年代表…広陵   準優勝

2018年代表…広陵   初戦敗退

ここ5年間は広陵広島新庄が代表の座を独占。一昨年は広陵が準優勝を果たすなど、安定した強さを誇っている。今年も広陵が連覇を伸ばすのか、はたまた広島新庄如水館広島商などその他の強豪が意地を見せるのか。注目が集まる。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.