2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。徳島県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。徳島県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…川島

春優勝…徳島北

初の春夏連続出場なるか、富岡西

選抜に21世紀枠で出場した富岡西が春季四国大会でも準優勝と好調をキープ。初の夏出場に向けて視界良好だ。

富岡西はエース浮橋が投打の中心。選抜で東邦の強力打線を3点に抑えたように、巧みな配球術で相手を牛耳る。打線も持ち味のノーサイン野球で相手守備陣をかく乱。選手個人個人が考える野球で、エンドランや盗塁を絡めて切り崩すすべを持っている。夏の優勝に向けて最短距離にいるのは間違いない。

対抗一番手は23度の甲子園出場を誇る名門・徳島商か。こちらもエースで主軸を務める村田が軸で特に打撃はパンチ力があって、スタンドに放り込む場面もしばしばみられる。身体能力抜群の石上などその他の打者も力を秘めており、打力では富岡西を上回るものがある。2011年を最後に遠ざかる甲子園に向けて戦力は整いつつある。

昨年に続く出場を目指す鳴門は甲子園で好投を見せた左腕・西野と右腕・竹内の2枚看板は盤石。塩唐松をはじめとした打線も昨年の経験者が並んでおり、上位から下位まで切れ目がない。秋春と結果は伴っていないが、今最も夏の勝ち方を知っているチームであり、優勝候補の一角なのは間違いないだろう。

そのほかでは、投手陣の層が厚い鳴門渦潮や白川ー榊原のバッテリーが安定している池田、渡辺・河野の両輪を擁する徳島北、昨秋の優勝校・川島の戦いぶりにも注目したい。

過去5年の徳島県の甲子園戦績

2014年代表…鳴門    初戦敗退

2015年代表…鳴門    初戦敗退

2016年代表…鳴門    ベスト8

2017年代表…鳴門渦潮  初戦敗退

2018年代表…鳴門    初戦敗退

昨年は鳴門が初戦敗退も前年王者の花咲徳栄を追い詰める戦いを見せた。ここ6年で5度出場しており、2度のベスト8入りを果たすなど、今や全国を代表する強豪に復活してきた。今年も鳴門が栄冠をつかむのか、それとも富岡西をはじめとするその他のチームが巻き返すのか、徳島の戦いから目が離せない。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.