2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。愛媛県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。愛媛県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…帝京五

春優勝…今治西

4年ぶりの出場狙う今治西

4年ぶりの夏出場を狙う今治西が戦力充実。春夏連続出場を狙う松山聖陵などが追う展開となりそうだ。

今治西はエース左腕の村上が安定。キレのある速球にカーブ、スライダーを織り交ぜ、春季大会優勝に導いた。右の沢田も控えており、投手陣に不安はない。打線は小技も絡めてしぶとく得点するすべを持っており、今治西らしいそつのない攻めが見られそうだ。ここ数年は夏の甲子園で白星を挙げられていないが、久々にチャンス到来といえそうだ。

選抜出場の松山聖陵も長身の根本に2年生の平安山、高松と3人の投手がおり、守りは安定。選抜で1得点に抑えられた打線が持ち前の機動力野球をいかに発揮できるかあかぎとなりそうだ。田窪、折田ら上位陣の出塁に期待がかかる。春夏連続の出場から4度目の正直で聖地での1勝を狙いたい。

打線に自信を見せるのが帝京五。迫間、豊留など打って走れる選手が並んでおり、打力では県内でも1,2を争う存在だ。投手陣は本格派の片山と右サイドの坂本の2人で勝負。謹慎中だった小林監督も復帰してきており、ある程度失点が計算できれば、甲子園がぐっと近づいてきそうだ。

そのほかでは初の3年連続出場を狙う済美、春季大会準優勝の八幡浜、名門復活を狙う宇和島東川之江松山商などにも注目が集まる。

過去5年の愛媛県の甲子園戦績

2014年代表…小松   初戦敗退

2015年代表…今治西  初戦敗退

2016年代表…松山聖陵 初戦敗退

2017年代表…済美   3回戦進出

2018年代表…済美   ベスト4

昨年は済美が史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランなど快進撃で準決勝進出。記憶に残る戦いぶりで野球王国復活を印象付けた。今治西をはじめとしてその他の高校にも勇気を与えたことだろう。かつての夏の勝率1位の座を大阪に譲ったものの、再び取り返すチャンスは残っており、今年も愛媛県勢の快進撃に期待がかかる。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.