2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。愛知県の予想まとめ

更新日:

2019夏の甲子園予選。愛知県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…東邦

春…中部第一

選抜優勝の東邦を止めるチームは現れるか!?

選抜優勝の東邦が春季大会で不覚を取ったため、夏はまさかのノーシードに。しかし、戦力的に頭一つ抜けているのは間違いないだろう。

東邦は選抜で優勝をもぎ取った強力打線が健在。スラッガー石川や熊田を中心に上位から下位まで切れ目のない打線は全国的に見てもトップクラスだ。一方、投手陣は夏は石川に頼らない戦いを目指しており、左腕・植田やサイドハンドの奥田を中心にポテンシャルの高い選手がそろう。投手力にめどが立てば、春夏連覇も現実味を帯びてきそうだ。

東邦の永遠のライバルの中京大中京も投打に分厚い戦力を誇る。2年生エース高橋や板倉、松島を中心とした投手力は東邦より上か。打線も今泉、尾崎の中軸を中心にパワフルだ。打倒・東邦に向けて打線がどれだけ援護点を挙げられるかが重要になってくる。

春季大会で東邦に土をつけた中部第一は一躍優勝戦線に食い込んできた。エース磯貝が東邦の強力打線を封じ込んでの勝利はチームに大きな自信を与えた。打線も核弾頭の山岸を中心に上位陣に力があり、夏もジャイアントキリングに自信を見せる。

また、永年中京大中京を率いた大藤監督が就任した享栄は非常に不気味な存在。下級生を中心とした若いチームだが、名称の指揮のもとで着実に力をつけてきており、夏は1995年以来となる出場に向けて視界良好だ。

そのほか、昨年に続く出場を狙う愛工大名電、沖縄尚学で選抜優勝の経験のある金城監督が率いる愛知黎明、スラッガー上田を中心にこちらも2年連続出場を狙う愛産大三河の戦いにも注目したい。

過去5年の愛知県の甲子園戦績

2014年代表…東邦     2回戦進出

2015年代表…中京大中京  3回戦進出

2016年代表…東邦     3回戦進出

2017年代表…中京大中京  初戦敗退

2018年代表…愛工大名電(西愛知)  3回戦進出

愛産大三河(東愛知) 初戦敗退

私学4強を中心に強豪ひしめく愛知代表だけあって、大会前の評価は高いのだが、ここ数年はもう一つ勝ち上がり切れていない印象もある。序盤で優勝候補とぶつかってしまう不運もあったが、今年こそ上位進出を狙いたいだろう。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.