2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。新潟県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。新潟県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…日本文理

春優勝…日本文理

秋春連覇の日本文理がV候補一番手

秋春連覇を成し遂げた日本文理が一歩リードの状況。北越中越らが追いかける展開だ。

日本文理はエース南をはじめとして4人の力のある投手を擁しており、投手スタッフは非常に豊富。2年生スラッガーの3番長谷川は屈指の好打者であり。強打の文理の伝統を担う選手となりそうだ。今県で最も安定した強さを見せる強豪が2年ぶりの出場を果たせるか。

北越は春季県大会で日本文理と競り合ったように差はわずか。実戦向きの左腕・幸田と力投派の右腕・大野で形成する投手陣は力がある。打線も1番藤木を筆頭に長打力を秘めており、投打にパワフルな陣容で初の甲子園出場を目指す。

連覇を狙う中越はけが明けの左腕・菅井が戻ってきたことが大きい。長身から繰り出すボールには力があり、文理打線に対抗する力を持つ。打線は昨年の甲子園を経験した広瀬が中心。広瀬以外の打者の結果が試合を左右しそうだ。

その他では、変則左腕・目黒を擁する長岡商や強打の開志学園、常連の新潟明訓にも注目だ。

過去5年の新潟県の甲子園戦績

2014年代表…日本文理   ベスト4

2015年代表…中越     初戦敗退

2016年代表…中越     初戦敗退

2017年代表…日本文理   2回戦進出

2018年代表…中越     初戦敗退

昨年は中越が開幕日に慶応にサヨナラ負け。中越にとってはこれで直近の3大会はすべてサヨナラ負けと惜しい試合が続いている。対照的に日本文理は甲子園で結果を残しているが、名将・大井監督が退いた今、新たな時代に突入するのは間違いない。甲子園での優勝を狙うためにも両校の奮起は欠かせないものとなる。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.