2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。熊本県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。熊本県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…熊本国府

春優勝…球磨工

選抜出場の熊本西を中心に、多くのチームに初出場のチャンスあり

例年に比べて絶対的な優勝候補が少ない今年の熊本県。選抜出場の熊本西をはじめとして、多くのチームにチャンスがありそうだ。

熊本西はエースの霜上は春以降も好調をキープ。選抜では智辯和歌山の強力打線につかまったが、全国トップクラスの相手と対戦したことで成長の糧となったようだ。打線も霜上、堺の中軸を中心に得点力は低くない。絶対的エースを中心に一枚岩の強さを見せたいところだ。

春季大会優勝の球磨工は伸びのある速球が武器のエース田山を中心にこちらも守りの野球で勝負をかける。打線も見た目の派手さはないものの、足も絡めたつながりがあり、終盤の競り合いでは無類の強さを発揮しそうだ。春の勢いに乗って夏の初出場にこぎつけたい。

例年強力打線を武器とする熊本国府は今年は斎藤ー竹林の黄金バッテリーを中心とした野球を展開。秋春とコンスタントに結果を残しており、安定感では県内でも指折りの存在だ。打線はやや小粒な感はあるが、しぶとくつないで点が取れる。持ち味の集中打を見せられるか

そのほかでは最速148キロの速球を誇る浅田を擁する有明、2年連続出場を狙う東海大星翔、そして伝統校の九州学院熊本工にももちろん注目が集まる。

過去5年の熊本県の甲子園戦績

2014年代表…城北    3回戦敗退

2015年代表…九州学院   初戦敗退

2016年代表…秀岳館    ベスト4

2017年代表…秀岳館    2回戦敗退

2018年代表…東海大星翔  初戦敗退

この5年間でみると、やはり2016年から2017年の秀岳館の躍進が光る。低迷していた熊本県勢に3季連続のベスト4という素晴らしい結果を残した。昨年は東海大星翔が初戦敗退に終わったが、今年は再び上位に進出して結果を残したいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.