2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。石川県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。石川県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…星稜

春優勝…星稜

圧倒的優勝候補・星稜を止められるか!?

投打に分厚い戦力を誇る星稜が優勝候補筆頭。頭2つも3つも抜け出た存在のこのチームを止めることはできるだろうか!?

星稜は選抜では不完全燃焼に終わったものの、戦力は他を圧倒している。中でもエース奥川の存在感は別格。最速150キロの速球とフォークボールは全国の強豪校でも手を焼くほどで、攻略は容易ではない。後ろには萩原、寺西ら好投手が控えており、守りに全く不安はない。課題は攻撃陣だが、春以降は好調をキープ。山瀬、内山ら主軸がきっちり仕事をすれば、得点は挙げられるはずだ。夏こそは悲願の全国制覇へと突き進みたい。

この絶対的V候補に挑む一番手は昨年の選抜で星稜とともに8強入りした日本航空石川か。甲子園のマウンドを経験したエース重吉は最速140キロ台中盤の重いストレートを武器にする本格派。打線も4番・夏川を中心に破壊力があり、春季県大会決勝では星稜に食らいついた。持ち味の攻撃野球で2年ぶりの出場をつかみ取りたい。

昨秋に準優勝した遊学館も強力打線が持ち味。1番竹村、3番佐藤、4番沢井を中心とした上位打線の破壊力は上位2校に引けを取らない。土倉、新保ら期待の1年生も加入してきており、2年生エース高田を中心とする投手陣が整備されれば、4年ぶりの代表の座も見えてきそうだ。

その他では、永年星稜とともに石川の高校野球を牽引してきた金沢、近年力をつけてきている鵬学園、エース小川に4番上田と投打の柱が引っ張る小松にも注目だ。

過去5年の石川県の甲子園戦績

2014年代表…星稜      3回戦進出

2015年代表…遊学館     3回戦進出

2016年代表…星稜      初戦敗退

2017年代表…日本航空石川  2回戦進出

2018年代表…星稜      2回戦進出

昨年は星稜済美と劇的な延長戦の末にまさかの逆転サヨナラ負け。ここ数年復活を遂げてきた名門・星稜だが、惜しまれる敗戦となった。日本航空石川も昨年の選抜で初の8強入りを果たすなど、その他のチームのレベルも上がってきており、県勢初の全国制覇も夢ではなくなってきている。今年こそ悲願を達成したいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.