2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。神奈川県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。神奈川県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…横浜

春優勝…東海大相模

横浜、東海大相模の2強が中心

3季連続出場を狙う横浜と春季関東大会優勝の東海大相模が2強を形成。しかし、そのほかにも強豪校が目白押しで例年通り激戦が予想される。

横浜は何といっても絶対的左腕エース及川が軸。150キロ台の速球とスライダーはコントロールさえつけば、そう簡単には打たれない。カーブも習得中で投球の幅を広げにかかっている。2年生にも松本、木下と好投手が控え、層の厚さは群を抜く。あとは4番内海を中心とした打線が援護できれば、4年連続の栄冠は自然と近づいてくるだろう。

春の関東大会を制した東海大相模は主砲・遠藤を中心とした一発のある打線が脅威。相模らしい次の塁を狙う姿勢も染みついており、攻撃力では県No.1か。逆に投手陣は昨年の選抜を経験した技巧派左腕・野口を中心に数は豊富だが、全体的な柱は不在。エース争いで誰が抜け出してくるかが神奈川を勝ち切るカギとなりそうだ。

秋の関東王者の桐蔭学園は選抜、春の県大会とも初戦敗退と苦しんでいる。打線は3番森が攻守に超高校級のプレーで引っ張るも、やや彼に頼らざるを得ない状況となっている。投手陣は技巧派左腕の伊礼が角度を活かした投球で奮闘するも、彼一人で勝ち抜くのは困難だろう。もう一人柱となる存在が欲しいところだ。

その他では、打力に自信を持つ昨夏の代表・慶應義塾、2年生左腕・安達がチームの中心の桐光学園、シードに選出された鎌倉学園日大藤沢にも注目だ。

過去5年の神奈川県の甲子園戦績

2014年代表…東海大相模  初戦敗退

2015年代表…東海大相模  優勝

2016年代表…横浜     2回戦進出

2017年代表…横浜     初戦敗退

2018年代表…横浜(南神奈川)   3回戦進出

                   慶應義塾(北神奈川) 2回戦進出

昨年は慶應横浜の2校が出場し、計3勝をマーク。しかし、ともにもっと上位を狙える戦力を有していたのは否めないだろう。かつては横浜が出場すれば確実に上位に進出していたが、今はその役目を担っているのは東海大相模だろう。これからの神奈川の盟主がどこになるのか、注目してみていきたい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.