2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。福岡県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。福岡県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…筑陽学園

春…西日本短大付

選抜8強の筑陽学園を追う西日本短大付属、九州国際大付

選抜8強入りした筑陽学園を中心に西日本短大付九州国際大付福岡大大濠と強豪がひしめく福岡県。激戦が予想される。

筑陽学園は選抜では接戦を制して2勝をマーク。西、西舘、菅井とタイプの違う3投手を擁する投手陣は盤石。継投も完投もあり、試合数の多い福岡大会では有利に働くだろう。打線は福岡、中村ら勝負強い打者が並ぶが、選抜準々決勝の東邦戦では石川の前に力負け。夏本番に向けてパワーアップはなされているかがカギとなる。

春季九州大会を制した西日本短大付はコントロール抜群のエース江崎が軸。スタミナも抜群で4番捕手の神宮とのバッテリーは難攻不落だ。1番ショートを務める俊足好打の近藤をはじめ野手陣にも好選手はそろっており、2010年以来の夏の甲子園を狙う戦力は整っている。

昨秋準優勝の九州国際大付は最速145キロを誇るエース下村の存在が大きい。昨年からエース格を務める右腕は経験も豊富であり、最後の夏の投球に期待がかかる。葛城、中川など攻撃陣もタレントは豊富。昨年はまさかの早期敗退を食らったが、今年は雪辱に燃えている。

そのほかでは、強力な中軸を擁する福岡大大濠、秋春と8強入りを果たしている飯塚、速球は右腕・武内が引っ張る真颯館、制球力の光る左腕・田代を擁する博多工も優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の福岡県の甲子園戦績

2014年代表…九州国際大付  初戦敗退

2015年代表…九州国際大付  ベスト8

2016年代表…九州国際大付  初戦敗退

2017年代表…東筑      初戦敗退

2018年代表…沖学園(南福岡) 2回戦進出

       折尾愛真(北福岡) 初戦敗退

昨年は史上初めて南北2校の代表が選出された福岡県勢。ともに初出場だったなかで、沖学園が見事初戦突破を果たした。2回戦では敗れたとはいえ、大阪桐蔭相手に中盤まで同点で食らいつく善戦を見せた。選手が分散しやすい福岡県だが、プロ野球選手を多く輩出するなど個々の能力は高いものがあり、甲子園での躍進に期待がかかる。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.