2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。秋田県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。秋田県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…秋田修英

春優勝…明桜

2年ぶり代表目指す明桜が有力か

春季県大会優勝の明桜が順調に勝ち上がってきてベスト4へ進出。現段階では甲子園に一番近い位置にいそうだ。

明桜は投手陣が安定。本格派の佐々木と技巧派長尾の二枚看板が確立しており、相手打線を封じ込める。打線も主砲の加藤を中心に得点力が高く、投打のバランスの良さでは頭一つ抜けているだろう。昨年は決勝で敗れた金足農が準優勝に輝いており、悔しさを晴らす舞台まであと2勝に迫っている。

もう1校の4強・能代は田口・小林・菊地の中軸を中心に攻撃陣に爆発力がある。下位打線まで切れ目がなく、攻撃力ではトップクラスに位置するだろう。エース山内は制球力にたけており、試合を壊さない安定感がある。失点が抑えられれば、打線の援護が期待できるだけに、久々の甲子園の舞台がいよいよ見えてきた印象だ。

秋田修英はエース左腕・西岡が絶好調。140キロ台の速球を右打者の内角に突き刺し、相手を牛耳ってきた。全国の舞台でも見てみたい逸材だ。打撃でも中軸を務め、上位打線の得点力は高い。昨秋の王者が再び頂点を狙う。

その他、エース佐野を中心に分厚い投手陣を誇る湯沢翔北、打力に定評のある角館、投打にバランスの取れた秋田中央も有力候補だ。

過去5年の秋田県の甲子園戦績

2014年代表…角館    初戦敗退

2015年代表…秋田商   ベスト8

2016年代表…大曲工   初戦敗退

2017年代表…明桜    初戦敗退

2018年代表…金足農   準優勝

昨年は金足農が吉田(日本ハム)の快投で準優勝の快挙を達成。ある意味大阪桐蔭よりもインパクトを残し、金農旋風を巻き起こした。出場回数はさほど多くないものの、昨年の準優勝に加えて、ベスト4が1回、ベスト8が1回と高い勝率を誇っており、秋田商業明桜(元秋田経法大付)と並んで県内有数の強豪と言えるだろう。今年はどのチームが甲子園を沸かせてくれるか楽しみだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.