2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。茨城県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。茨城県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…常総学院

春優勝…藤代

常総学院に待ったをかけるチームは現れるか!?

3年ぶりの覇権奪回を狙う常総学院が戦力充実。頭一つ抜けた存在といえそうだ。

常総学院は打線の破壊力は過去のチームと比較してもトップクラス。特に主砲の菊田は規格外のパワーを誇っており、4番斎藤・5番鈴木と組む中軸は全国で見ても上位に位置する。投手陣は左の中妻と右の岡田の両輪が安定。秋春と勝ちきれなかったが、その分夏に向けて不気味な存在となっている。

藤代は投手陣の厚さでは常総学院を上回る。本格派の中山、小島に加えてトルネード右腕・一條とタイプの違う右投手を数多くそろえており、公立校とは思えない充実ぶりだ。打線は小技を絡めてうまく点を取ることができ、少ないチャンスを生かす攻撃が持ち味だ。

明秀日立は攻撃力が自慢のチーム。昨年から強打の伝統は続いている。辻、北野の1,2番がかき回し、後続は下位まで強打の打者が並ぶ。常総学院ほどのパワーはないものの、攻撃の鋭さでは決して劣らない。投手陣もエース川端に加えて1年生の佐藤が成長。失点が抑えられれば、優勝争いに食い込む力は十分に持っている。

その他では、4年ぶりの出場を目指す霞ケ浦や春季大会で常総学院に勝利した水戸商、好投手・岩本を擁する石岡一、3連覇を狙う土浦日大にも注目だ。

過去5年の茨城県の甲子園戦績

2014年代表…藤代   初戦敗退

2015年代表…霞ヶ浦  初戦敗退

2016年代表…常総学院 ベスト8

2017年代表…土浦日大 初戦敗退

2018年代表…土浦日大 初戦敗退

昨年は土浦日大が2年連続で出場を果たすも再び初戦敗退。常総学院以外は苦戦が続いているが、選抜では明秀日立が2勝をマークするなど新顔も台頭してきている。茨城県勢らしいテンポのいい野球で21世紀初頭のように再び全国を沸かせる日を見たい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.