2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。西東京の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。西東京の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…国士館

春優勝…東海大菅生

春季Vの東海大菅生を中心にハイレベルな戦いが展開

春季関東大会優勝の東海大菅生が半歩リードといったところか。しかし、選抜出場の国士館日大三早稲田実ら強豪も絡み、全国屈指の激戦区といえそうだ。

東海大菅生は東京大会の優勝に続き、強豪ひしめく関東大会でも準優勝。技巧派左腕・中村を中心とした投手陣と主砲・加藤や成瀬、杉崎と強打者がずらり並ぶ打線がかみ合い、盤石の強さを誇る。2年前に全国4強をスタンドで見た1年生が最終学年となり、あの年の躍進の再現を誓う。

今年度が始まる前にそのポテンシャルが高く評価されていた日大三も力はトップクラス。昨夏に甲子園のマウンドを踏んだ井上、廣澤の速球派右腕2人が力を出し切れば、そうそう失点はしないだろう。例年に比べてやや苦戦している打線も夏に向けて仕上げてくるのは間違いない。侮れないチームなのは間違いないだろう。

春夏連続出場を狙う国士館は春季大会でも東海大菅生と1点差の接戦を展開。攻守に国士館らしい粘り強さを見せている。白須・山崎の技巧は投手は失点が計算できるだけに、打線が機動力を生かしてどれだけ援護できるかがカギ。選抜で明石商・中森に力負けした経験を活かし、全国区の投手からしぶとく得点を挙げていきたい。

そのほかでは、スラッガー生沼を中心に今年も攻撃力が高い早稲田実、北澤・武内の2枚看板を中心に3年ぶりの出場を狙う八王子、打力に定評のある桜美林にも注目が集まる。

過去5年の西東京の甲子園戦績

2014年代表…日大鶴ヶ丘 初戦敗退

2015年代表…早稲田実  ベスト4

2016年代表…八王子   初戦敗退

2017年代表…東海大菅生 ベスト4

2018年代表…日大三   ベスト4

ここ5年で3度のベスト4と全国でも最も安定感のある地区の一つだろう。しかも、3度のベスト4がすべて違うチームというところがレベルの高さを物語っている。今年も激戦が予想される西東京の戦いから目が離せない。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.