2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。長崎県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。長崎県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…長崎南山

春優勝…長崎商

本命不在の大混戦

昨年は創成館が絶対的な優勝候補として君臨していたが、今年の長崎は本命不在。熾烈な戦いが繰り広げられそうだ。

その中であえて優勝候補筆頭を挙げるなら3年ぶりの優勝を狙う長崎商業になるだろう。小さな大エース枡谷は制球力が高く、3年前のエース本田を思い起こさせる小気味いい投球を展開。打線は長打力こそないものの、藤本、岸本を中心に単打を連ねた集中打で得点を重ねる。機動力も豊かで積極的にかき回していく。

対抗一番手は九州文化学園か。エース山科は140キロ台の速球とスライダーを武器にする本格派。打線も中軸の後藤兄弟を中軸に長打力があり、投打にパワフルさが魅力だ。春季大会決勝では長崎商に打ち負けたため、本番の夏ではその雪辱に燃えている。

秋春と長崎商業に敗れた長崎日大も有力候補だ。藤田、中尾ら豊富な投手陣を軸にした投手力が最大の売り。打線は大物打ちこそいないものの、小技を絡めたつなぎの力はある。県の高校野球を牽引してきた伝統校が久々の夏出場に腕を撫す。

そのほか、スラッガー深見を中心に昨年のメンバーが残る創成館、エース徳留が引っ張る長崎総大付、機動力の光る佐世保実、守りの野球で活路を見出す長崎南山も有力候補だ。

過去5年の長崎県の甲子園戦績

2014年代表…海星     初戦敗退

2015年代表…創成館    2回戦進出

2016年代表…長崎商業   初戦敗退

2017年代表…波佐見    初戦敗退

2018年代表…創成館    初戦敗退

ここ5年で4度初戦敗退と少し元気がない印象の長崎県勢。選抜では2016年の海星、2018年の創成館が8強入りしたように結果を残しているが、やはり夏は全体的に打てずに敗れている印象はある。投手を含めた守りの良さはあるだけに、攻撃力の有無が勝利へのカギとなりそうだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.