2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。長野県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。長野県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…上田西

春優勝…東海大諏訪

東海大諏訪、上田西、松商学園の3強か

秋季大会優勝の上田西、春季大会優勝の東海大諏訪に昨年の王者・佐久長聖を倒した松商学園。現段階ではこの3チームが頭一つ抜けているといえそうだ。

上田西はエース原が春は登板できなかったが、石坂や山口直などほかの投手が台頭したことで投手陣の層がよりいっそう厚くなった。打線も一ノ瀬、小林ら昨年からのメンバーが残っており、パワフルな打線を形成。上田西に特徴的な守りの良さも引き継がれており、4年ぶりの代表の座は見えてきている。

東海大諏訪は横田、清水、有賀の3人を擁する投手陣が安定。センターラインを中心に守りも堅く、こちらもディフェンス力に定評がある。打線は1番阿南、2番原を中心に機動力を絡めてしぶとく得点を挙げていくスタイル。東海大三時代以来の甲子園へスキのない布陣を形成している。

松商学園は昨年の優勝校・佐久長聖をコールドで圧倒。好投手・北畑を打ち込んだ打線は県内でもトップクラスだ。主砲・山本を中心とした破壊力はどのチームも侮れない。ノーシードではあるものの、戦いが始まればそんなことは関係なし。唯一夏の全国制覇を経験している伝統校が調子を上げてきている。

その他では、好左腕・土屋を擁する小諸商業、好打の宮本を中心に強打を誇る長野日大、同じく強力打線を擁する飯山にも注目だ。

過去5年の長野県の甲子園戦績

2014年代表…佐久長聖  2回戦進出

2015年代表…上田西   2回戦進出

2016年代表…佐久長聖  初戦敗退

2017年代表…松商学園  2回戦進出

2018年代表…佐久長聖  2回戦進出

ここ5年で4度初戦を突破している長野県勢。佐久長聖は元PL学園の藤原監督が就任して以来、着実に出場を積み重ねており、アルプスに響き渡るPLの応援歌もお馴染みになってきた感がある。長野県勢の夏の優勝は戦前の松本中までさかのぼるが、佐久長聖松商学園などレベルの高いチームのつばぜり合いが続けば、令和の優勝も近づいてきそうだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.