2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。香川県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。香川県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…高松商

春優勝…四国学院大香川西

選抜出場の高松商を追う尽誠学園、英明

選抜出場の高松商が頭一つ抜けている存在か。尽誠学園や好投手・黒河を擁する英明が後を追う展開となりそうだ。

高松商は攻守に充実している。エース香川はキレのあるボールを武器とする好左腕。選抜で春日部共栄打線を完封した投球は圧巻で、本調子ならばそう打てるチームはないだろう。右本格派の中塚が復活すればより盤石となる。打線も1番飛倉を筆頭にシャープなスイングをする打者がそろっており、優勝候補一番手なのは間違いないだろう。

春季大会準優勝の尽誠学園も引けを取らない存在だ。スラッガー永尾や3番福井を中心とした打線は2桁安打は朝飯前の破壊力を誇っており、下位まで切れめがない。投手陣も竹山、仲村の2枚看板が安定。3年前の夏も優勝候補だった高松商を破って甲子園出場を決めており、あの夏の再現を狙う。

昨年の選抜を経験している剛腕・黒河を擁する英明も有力候補。140キロ台の重いストレートは威力十分で、右腕では県内No.1の存在だろう。山上を中心とする打線がきっちり援護し、先行逃げ切りの展開に持っていければ上位2校とも互角にやり合えそうだ。

そのほかでは、制球力抜群の右腕・青山が引っ張る四国学院大香川西、速球派右腕・上杉を擁する三本松、連覇を狙う丸亀城西、機動力野球が光る藤井にも期待がかかる。

過去5年の香川県の甲子園戦績

2014年代表…坂出商業   初戦敗退

2015年代表…寒川     初戦敗退

2016年代表…尽誠学園     初戦敗退

2017年代表…三本松    ベスト8

2018年代表…丸亀城西   初戦敗退

2年前に三本松がベスト8入りするなどここ数年は勢いを取り戻しつつある香川県勢。2016年の高松商の神宮優勝と選抜準優勝以来、攻守に力強さが戻ってきた感がある。野球王国復活を確定づけるためにも今年も甲子園で勝ち上がりたいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.