2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。鳥取県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。鳥取県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…鳥取城北

春優勝…米子東

米子東と鳥取城北が2トップを形成

選抜出場校の米子東と2年連続出場を狙う鳥取城北が2強を形成。この2チームを中心に優勝争いは進んでいきそうだ。

春夏連続出場を狙う米子東は技巧派左腕・森下がチームを引っ張る。頭脳的な投球で相手打線を翻弄することができ、完成度の高い投球ができる。また、山内・土岐らもストレートに力があり、豊富な陣容を誇る。打線は長打力のある4番福島康の前にいかにランナーをためられるかが重要となる。昨秋にことごとく接戦を制してきた勝負強さをこの夏もみせたいところだ。

昨秋の王者・鳥取城北は春季大会でけが人だらけの状況にもかかわらず決勝に進出。右腕・成田がストレートとフォークボールを武器に厳しい台所事情を支えた。攻撃陣は1番河野がパンチ力のある打撃で引っ張り、好守でもチームに貢献した。けが人が戻ってくる夏は本領発揮といけそうだ。

日野ー竹信のバッテリーが軸の倉吉東も面白い存在だ。長打力のある6番金居は県大会でホームランを連発。2年生主体のチームながら勢いがあり、あと一歩で勝ち上がり切れなかった秋春の大会の雪辱を晴らしたい。旋風を巻き起こした1988年選抜の再現となるか。

そのほかでは、エース清水がチームを支える鳥取商、2年前の代表校・米子松陰、岩本・手島の両左腕が要となる、守備力の光る鳥取工の戦いぶりにも注目だ。

過去5年の鳥取県の甲子園戦績

2014年代表…八頭    3回戦進出

2015年代表…鳥取城北  初戦敗退

2016年代表…     初戦敗退

2017年代表…米子松陰  初戦敗退

2018年代表…鳥取城北  初戦敗退

ここ4年連続で初戦敗退と苦戦しているが、昨年は鳥取城北龍谷大平安と接戦を演じた。猛打のチームが出てくることは少ないため、勝つならばロースコアの接戦が理想的だろう。投手を中心とした守りの野球で1勝をつかみ取りたい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.