2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。鹿児島県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。鹿児島県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…神村学園

春優勝…神村学園

王者・神村学園に追随する鹿屋中央、鹿児島実

秋春と県大会を連覇した神村学園が優勝候補筆頭。鹿屋中央鹿児島実らが追う展開となりそうだ。

神村学園は秋春と県内負けなしを誇る。昨年はまさかの出場辞退に追い込まれたが、今年はその雪辱も果たしたいところだ。2年生がチームの中心だが、中軸の古川、田中大を中心に打線は巧打者が並ぶ。投手陣も中川、桑原、田中瞬と全員が2年生ながらキレのある速球を持っている。投打ともに層の厚さは県内一。来年以降も楽しみなチームがまずは今年の夏の出場を目指す。

対抗一番手は鹿屋中央か。打線は新有留、池田、柊木野の中軸を中心に長打力があり、投手陣は右の福地、左の丸太と左右の2投手が安定。特に新有留は逆方向にも長打が打て、格好のポイントゲッターだ。昨夏の決勝を経験したメンバーが多く残っており、悔しさをばねに今年こそ2014年夏以来の出場を目指す。

2年連続の代表を目指す鹿児島実も有力候補だ。中心となるのは2年生エースの高田。伸びのあるストレートを武器とし、城下との下級生バッテリーはこれからの鹿児島の野球を引っ張っていきそうな存在だ。長打力のある1番山添など3年生も負けてはおらず、常勝軍団が今年も夏の切符を狙う。

そのほかでは、小峯・八方と力のある2投手を擁する鹿児島城西、強力打線が売りの尚志館、伝統校の樟南や鹿児島商も侮れない存在だ。

過去5年の鹿児島県の甲子園戦績

2014年代表…鹿屋中央   2回戦進出

2015年代表…鹿児島実   2回戦進出

2016年代表…樟南     2回戦進出

2017年代表…神村学園   3回戦進出

2018年代表…鹿児島実   初戦敗退

昨年は2011年以来7年ぶりの初戦で姿を消した鹿児島県勢。しかし、相手があの吉田輝(金足農)だったため、致し方ないところだろう。ここ数年は高橋昴(花咲徳栄)、上野(中京大中京)、岩下(星稜)と毎年のように好投手と対戦しており、勝ち進むにはそれを打ち崩す打力が必要となってくるだろう。今年こそ久々の上位進出を目指したいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.