• 2019年選手権2回戦 中京学院大中京vs北照(6日目第3試合)

    大会6日目第3試合

    中京学院大中京

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 1 0 1 1 3
    0 0 0 0 0 0 4 0 × 4

    北照

     

    中京学院大中京

    北照

    実力校同士の好勝負は終盤に中京学院大中京の集中打がさく裂!北照のエース桃枝を打ち崩し、3回戦進出を決めた。

    試合

    中京学院大中京は3年ぶりの甲子園出場。近年ライバル関係の大垣日大にここ2年は出場を譲っていたが、今年は持ち前の強打に磨きをかけて戻ってきた。4番捕手の藤田(阪神)を中心に上位から下位まで切れ目なくつながる打線は脅威。中でも1年生ながら5番を務める小田は7割近い打率を誇るラッキーボーイだ。投手陣は東海屈指の左腕・不後が軸。多彩な変化球を武器に相手打線に的を絞らせない投球ができる。その他、速球派の赤塚も控えており、継投も視野に入れる。

     

    北照は2年連続5度目の甲子園。エースで4番の桃枝を中心にしぶとく勝ち上がってきた。桃枝はもともとサイドハンドだった腕の振りをややスリークオーターに変えたことで制球も球威もアップ。ほとんどの試合を一人で投げ切り、防御率は1点台と安定感がある。打っても4番を務め、まさしくチームの大黒柱だ。過去4度の出場はすべて初戦で姿を消しており、念願の初勝利を狙う。

     

    序盤は北照・桃枝、中京・不後の投手戦となる。桃枝は右打者のインコースがややシュート回転する悪癖はあるものの、140キロ台の速球とスライダー、チェンジアップを武器に相手打者を打ち取れば、不後は多彩な変化球を武器に、捕手・藤田の好リードもあり、相手打線を封じていく。両チームともランナーは出るものの、勝負所で両投手が踏ん張っていく。

     

    均衡を破ったのは北照。6回表、1アウトから1番星野が四球をもぎ取ると、送って1アウト2塁から3番齋藤もファースト強襲のヒットでつなぐ。ここで4番桃枝が粘って粘ってインサイドの速球をセンターの前に落とし、待望の先制点を奪う。続く5番國方の打席で不後は降板。中京・橋本監督は迷いなく継投に踏み切り、2番手の赤塚國方には四球を与えたが、後続を打ち取りピンチをしのぐ。

     

    1点のリードを奪って試合は終盤へ。6回も無失点に抑えた北照・桃枝だったが、相変わらずシュート回転する抜け球は目立った。これが終盤の大事な場面で落とし穴にならなければと思ったが…

     

    桃枝に疲れの見える7回裏、中京は先頭の9番・がヒットで出塁する。1番高畠は三振に打ち取られるが、2番申原が真ん中甘めに入ったスライダーを左中間にはじき返し、1塁からが長駆生還。試合を振り出しに戻す。やや気持ちも守りに入ったか、2アウト後アウトコース主体となった配球を逃さずに4番藤田はスライダーを引っ張ってレフトへのタイムリーとし、この回中京が一気に試合をひっくり返す。

     

    桃枝は中盤までなんとか踏ん張っていたが、この回やや集中力が切れてしまったか。この後、5番小田のテキサスタイムリーや振り逃げも絡み、一挙4得点で中京が優位に立つ。

     

    反撃したい北照は8回表、1番星野がセンターへはじき返すと、2アウト2塁となって再び4番桃枝がセンターへのタイムリー2塁打を放ち、1点を返す。まさに桃枝のが投げて、桃枝が打つという北照の野球で中京を追い上げる。

     

    中京は最終回、3人目でこちらも速球派のをマウンドに上げる。北照は下位打線からの攻撃となったが、6番が死球で出塁すると、1アウト後に8番山崎がセンターへのタイムリー2塁打を放ち、最後まで食らいつく。先発・不後のピッチングに苦しんだ北照打線だが、中京の速球派からはそれぞれ得点を上げた。

     

    あと1点の場面まで迫ったのだが、最後は1番星野の速球にややさしこまれ、レフトフライで試合終了。好勝負を制した中京学院大中京が2002年以来となる3回戦進出を決めた。

    まとめ

    中京学院大中京は中盤まで桃枝の投球の前に苦しんだが、7回に一気に攻略。さすが攻撃力のチームという印象を与えた。打線全体を見ても穴が少なく、全員がシャープなスイングを貫いて好投手を攻略した。投げては不後赤塚の継投でそれぞれ1点は失ったものの、大崩れはしなかった。自分たちらしさを貫いた野球の先に、3年ぶりの甲子園1勝が待っていた。

     

    北照は中盤まで互角以上の展開で推移していたが、やはり荒れ球のピッチングで最後まで逃げ切る難しさを痛感させられた試合となった。打線はよく粘って中京の各投手から1点ずつを奪ったが、やはり序盤に不後の投球に対して狙い球を絞り切れなかったのが痛かったか。今大会でも指折りの好ゲームを展開し、さわやかに甲子園を後にした。