• 2020年交流試合 中京大中京vs智辯学園(3日目第1試合)

    大会3日目第1試合

    智辯学園

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
    3 0 0 0 0 0 0 0 0 4

    中京大中京

     

    智辯学園   西村

    中京大中京  高橋

    公式戦負けなしで勝ち続けた神宮王者・中京大中京と前年夏の経験者を複数擁する智辯学園の好カード。高橋西村の両エースの好投で延長に突入した試合は、最終回に智辯のミスに付け込んで中京大中京がサヨナラ勝ちを収めた。

    試合

    中京大中京は150キロ右腕・高橋(中日)、本格派左腕・松島の強力左右2枚看板と中山(巨人)、印出らタレントぞろいの打線で投攻守すべてにおいて充実した布陣を形成。神宮大会では天理、健大高崎と東西の強豪を下して優勝し、公式戦を無敗で終えた。春夏の甲子園があれば、大阪桐蔭に次いで2度目の春夏連覇を成し遂げたのではという強豪が、交流戦の舞台に臨む。

    その最強王者に挑む智辯学園は2年生がチームの主力を形成する若いチーム。左腕サイドからキレのあるボールで勝負する西村と右オーバーハンドから角度のあるボールが武器の小畠の2枚看板は強力で、前年秋は大阪桐蔭とクロスゲームを演じた。打線も2年生の主砲・前川を中心に力があり、投打に伸びしろは十分な好チーム。秋以降も見据えて、強豪相手にどこまで戦えるか楽しみだ。

     

    中京大中京のエース高橋は初回から150キロ台をマークしたストレートと高速スライダーを武器に智辯学園打線を圧倒する。「あの横浜の松坂以上」と前年の神宮で明徳の馬淵監督に言わせた威力のあるボールの前にさしもの智辯学園打線も序盤はランナーこそ出すものの、なかなか得点の気配は漂ってこない。

    これに対して、したたかさも兼ね備える王者・中京大中京は智辯の先発・西村の立ち上がりを突く。初回、中京の切り込み隊長の西村がいきなりアウトコースのスライダーをセンターオーバーに運ぶと、続く2番中島の打席の暴投で西村が判断良く突っ込んで1点を先制する。

    さらに3番中山の内野安打と四球でチャンスを作り直すと、5番吉田、6番南谷が連続タイムリーを放ち、2点を追加。2人とも豪快な当たりではないが、ミート重視の打撃で相手にとっては実に嫌らしく、得点を重ねてきた。

    反撃したい智辯学園は打者一巡した4回表、反撃態勢を取る。この回やや制球を乱した高橋から連続死球でランナーをためると、期待の2年生山下が高めに浮いたスライダーをセンターに返して満塁のビッグチャンスを迎える。動揺した高橋から続く7番浦谷が押し出しを選んで1点を返すと、2アウト後に9番西村が自ら2点タイムリーを放って同点に追いつく。高橋の取りに来たストレートを逃さなかった西村に軍配が上がった。

    智辯が同点に追いついてからは試合は膠着。高橋が剛速球とスライダーを武器に立ち直れば、西村は左腕からのクロスファイヤーを武器に2回以降中京大中京の強力打線を封じ込める。特に西村は1年生の頃は粗さがあったが、コントロールが安定したことで持ち味のスライダーが活きるようになった。両投手の意地の投げ合いに、だんだんいつもの夏の甲子園のような強豪校同士の緊張感が漂ってくる。

    同点で終盤に進んだ試合は8回裏に中京がランナー1,2塁のチャンスを併殺でつぶせば、9回表の智辯も投手ライナーでランナーが飛び出して併殺に。ともに似たような試合展開となり、3-3の同点のまま延長戦に突入した。

    決着は延長10回裏。タイブレークの突入し、ランナー1,2塁から投手・西村のエラーで満塁のピンチになると、1番西村のセカンドフライを錦織が落球して3塁ランナーがホームイン。インフィールドフライが宣告された中でも、躊躇することなくホームを突いた前田の判断が光った。

    最後まで拮抗した試合は、中京大中京が相手のミスに付け込み、サヨナラで試合を決めた。

    まとめ

    中京大中京にとっては苦しい試合展開になったが、最後はエース高橋の投球に打線が報いる結果となった。高橋は4回に乱れて同点に追いつかれたが、それ以外のイニングは安定した内容。150キロ台の速球と決め球のスライダーはともに世代トップクラスという呼び声にふさわしいボールだった。打線も西村のボールに苦しんだが、初回と最終回は随所に好走塁を絡め、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。投攻守にスキのない王者が、目標通りに2020年度の公式戦を無敗で締めくくった。

    対する智辯学園は2年生の西村が見事な投球を展開。最後はミスに泣く形になったが、スライダーを武器に王者・中京大中京を土俵際まで追い込んだことは間違いなかった。打線も高橋のボールにやや圧倒された場面もあったが、試合前の狙い通りにコンパクトなスイングで対応し、終盤はむしろ智辯の方が押している場面もあった。投手2人と主砲2人の残る新チームに期待を抱かせる試合内容だった。

    8月12日 ハイライト「智弁学園vs 中京大中京」2020年甲子園高校野球交流試合 – YouTube