• 2019年選手権1回戦 八戸学院光星vs誉(1日目第1試合)

    大会1日目第1試合

    八戸学院光星

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    4 0 0 1 0 2 0 2 0 0
    0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

     

    八戸学院光星  後藤→山田
    誉       杉本→山口

    令和最初の一戦となった2019年夏の開幕戦は八戸学院光星が下山のグランドスラムで主導権を握り、初出場の誉を圧倒。3年前に敗れた愛知県勢に雪辱を晴らし、堂々初戦を突破した。

    試合

    強打の八戸学院光星は1番武岡、3番近藤を軸に打力は出場校中でもトップクラス。対する誉はノーマークながら愛知大会で愛工大名電、中京大中京を倒し、勢いに乗る好チーム。八戸学院光星としては誉の接戦での強さを警戒していた。

    自慢の打力でペースをつかみたい光星は立ち上がり制球の定まらない誉の左腕・杉本を攻め立てる。いきなり1番武岡が死球で出塁すると、犠打と四死球で2アウト満塁のビッグチャンスをつかむ。杉本もなんとかコントロールをつけようとする中、打席には入ったのは6番の下山。真ん中寄りに入ったストレートをフルスイングした打球はレフトスタンドへ飛び込む豪快な満塁弾となり、光星が先制点を挙げた!101回目の夏の初得点はグランドスラムで刻まれた。

    競り合いに活路を見出したい誉にとっては何とも痛い初回の失点であった。八戸学院光星の先発は県大会では登板の少なかった後藤。選抜まではエース格だったが、春以降はひじのけがでやや調子を落としていた。しかし、4点のリードは後藤に落ち着きをもたらし、変化球を低めに集める投球で誉打線につけ入るすきを与えない。序盤3回は無安打投球で乗り切る。

    力関係で上回る光星としては、投打にがっちりペースを握って楽な展開になった。2回以降制球を取り戻しかけた杉本だったが、4回表に注目の好打者・武岡がうまいバッティングでタイムリーを放ち、追加点を奪われる。武岡は守っても4回裏に三遊間深い位置の打球をさばき、誉の反撃の目を摘み取る活躍を見せた。

    誉は6回からストレートに力のある2番手の山口をマウンドに挙げるが、強打の八戸学院光星としては変則派の杉本よりくみしやすかったか。6回表には武岡がもう少しでフェンスオーバーかというあたりの3塁打を放つと、3番近藤の犠飛で2点を追加。8回表には2番から3連続2塁打が飛び出すなど、強打の光星の面目躍如の打撃を見せた。

    投げては先発・後藤が5回までを無失点でしのぐと、6回からは右サイドの山田がリリーフ。サイドハンドから繰り出す力のある速球を軸に誉打線に反撃を許さず、完封リレー。3年前に7点差をひっくり返された因縁の愛知勢に快勝でリベンジを果たした。

    まとめ

    両チームともに地に足がつくかわからない開幕戦だったが、光星にとってはやはり初回の下山の満塁弾が与えた影響は計り知れないものがあった。立ち上がり制球が定まらない相手に対して好球必打で一発を放った打撃は素晴らしかった。選抜では広陵の剛腕・河野に完封されてしまったが、夏はそのうっぷんを晴らすには十分な打撃でメモリアルゲームを飾った。

    対する誉としては初回の守りが悔やまれる結果となてしまった。近年愛知県内では上位をにぎわせており、決して全国レベルの力がないわけではなかったが、初出場の洗礼を浴びる結果となった。しかし、投打にはつらつとしたプレーで甲子園の舞台を踏みしめたことは紛れもない事実。ここから誉の新たな歴史が始まっていく。