• 2021年選手権準決勝予想 智辯学園vs京都国際

    2021年選手権準々決勝

    智辯学園vs京都国際

    52%    48%

    〇10-3  倉敷商     〇1-0  前橋育英

    〇5-0  横浜     〇6-4  二松学舎大付

    〇7-1  日本航空   〇3-2  敦賀気比

    〇3-2  明徳義塾

     

    春季近畿大会の準決勝でも対戦した両校の顔合わせ。成熟した強豪・智辯学園に対して、新鋭・京都国際がどこまで迫れるか。

     

    智辯学園はおそらく次戦の先発は右腕・小畠になるだろう。長身から繰り出す角度のあるボールは手元で微妙に動き、今大会ほとんどまともにとらえられた印象はない。打たせて取ることで球数も少なく来ており、スタミナも十分だろう。後ろには左腕・西村も控えており、安心して序盤から飛ばすことができそうだ。春季近畿大会準決勝で対戦した際は、登板していないのも好材料だろう。

    対して、京都国際は3回戦まではホームランによる得点が目立ったが、敦賀気比戦の終盤は打線のつながりが出てきた印象だ。特に7番植西、8番松下の下位打線が右投手相手に巧みな打撃でヒットを連ねており、ここからチャンスを作って3番中川まで回せればベストか。ここまで当たりの止まっている1番武田、2番金田の復調にも期待したい。

     

    一方、京都国際は準々決勝で右腕・平野に復調の兆しが見えたことは好材料だ。近畿大会でも伸びのある速球で智辯学園打線を相手に好投を見せており、感触は悪くないはずだ。一方、準々決勝ではやや疲れの見えた森下が、どこまで疲労回復しているかはやや心配なところ。本来の投球ができれば左打者の多く並ぶ智辯学園打線を抑え込めそうなだけに復活に期待したい。

    対する智辯学園打線は明徳の左腕・吉村に対して思わぬ大苦戦を喫した。しかし、今後対戦の可能性のある3チームの中であそこまで極端な角度のついたボールを投げる投手はいないため、引きずる必要はない。打線は3回戦までは3試合連続2桁安打と好調だったが、犠打や走塁で細かいミスが見られ、準々決勝でも前川がけん制しを食らってしまった。このあたりの細かいミスを修正できれば、前川・山下の左右の大砲が当たっているだけに心配はなさそうだ。

     

    まともにかち合えば智辯学園の有利は動かないか。京都国際としてはとにかく投手陣が踏ん張ってロースコアの接戦で終盤まで持ち込みたい。1日の休養を挟んだことが両校の投手陣にどう作用するかも見ものだ。

     

    主なOB

    智辯学園…秦裕二(横浜)、岡崎太一(阪神)、加治前竜一(巨人)、岡本和真(巨人)、廣岡大志(巨人)

    京都国際…曽根海成(広島)、清水陸哉(ソフトバンク)、上野響平(日本ハム)

     

    奈良  京都

    春  1勝   0勝

    夏  0勝   2勝

    計     1勝     2勝

    対戦成績は春は奈良、夏は京都がリード。1993年の夏の2回戦では郡山・大内、京都西・細谷の好左腕対決となったが、終盤に青山の逆転2ランが飛び出した京都西が4-2と競り勝ち、この大会ベスト8まで勝ち進んだ。

    一方、2016年の選抜準決勝では龍谷大平安と智辯学園が対戦。甲子園通算100勝まで後1勝だった平安が、エース左腕・市岡の好投で1点をリードしていたが、最終回に智辯学園が4連打を浴びせてサヨナラ勝ち。勢いに乗って決勝でもサヨナラ勝ちし、同校として初の全国制覇を成し遂げた。

    近畿勢対決第2ラウンド。初の夏決勝進出をつかむのはどちらか。

    思い出名勝負

    2016年選抜準決勝

    龍谷大平安

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
    0 0 0 0 0 0 0 0 2

    智辯学園

     

    龍谷大平安  市岡

    智辯学園   村上

     

    2016年の選抜大会は近畿勢が非常に好調な大会であり、ベスト8に前半をすべて近畿勢が占めたため、2回戦の中盤で早くも近畿勢から決勝進出校が出ることが決まっていた。そんな状況の中、準決勝第1試合で顔を合わせたのは、ともに準々決勝で同じ近畿の初出場校(滋賀学園、明石商)を退けた常連校2校であった。

    智辯学園は前年は春夏ともにライバル天理に行く手を阻まれたが、1年時に甲子園のマウンドを経験したエース村上(阪神)が最終学年となり、近畿ベスト8ながら投手力の高さを買われて選出された。甲子園では開幕戦で福井工大福井を完封して初戦突破すると、2回戦では鹿児島実を相手に福元の2ランなどで逆転勝ち。

    2年生の太田、福元が成長したことで秋に中軸を務めた高橋、村上、大橋を下位に回すことができ、打線に厚みができてきていた。準々決勝では不振だった1番納が4安打を放って復調し、エース村上も今大会2度目の完封勝利を挙げるなど、投打ともに調子を上げて

    対する龍谷大平安は2013年から4年連続の選抜出場。前年までは高橋奎(ヤクルト、元氏と強力な左腕2枚看板がおり、守りが安定していたが、今年のエース左腕市岡はコントロールが課題。近畿大会準決勝では滋賀学園にまさかのコールド負けを喫し、強力打線とは引き換えに、守りで不安を抱えていた。

    しかし、走り込みを重ねて制球が安定した選抜では初戦で明徳義塾を相手に1失点完投すると、打線も橋本・岡田の2者連続アーチなどで15安打7点を挙げて豪快に発進。2回戦、準々決勝は相手投手の好投の前に打線が苦しんだが、市岡は2回戦を完封、準々決勝は延長12回1失点完投と見違えるような好投を見せた。3試合で防護率0.60の頼れるエースに引っ張られ、甲子園通算100勝まであと1勝と迫っていた。

     

    智辯学園・村上、龍谷大平安・市岡の両エースが先発マウンドに上がったが、お互い手の内を知り尽くしているもの同士ということもあり、両校の打線が序盤から積極的に打って出る。特に龍谷大平安は2回戦以降看板の打線が湿りがちであり、100勝のかかった子の試合こそはという気迫が伝わってきた。

    3回表、平安は1アウトから2番久保田がヒットで出塁すると、2アウト後に4番橋本はストレートを強振してレフトに痛烈な打球を運ぶ。これを本来内野手ながらこの日は外野でスタメンに入っていた中村がはじいてしまい、その間に久保田が一塁から長駆ホームイン。平安が1点を先制する。しかし、続く2アウト2塁からの5番市岡のセンター前ヒットは、センター青木がダイレクト返球で2塁ランナーを刺し、追加点は与えない。

    智辯学園はここまで3試合で14得点の打線がこの日は市岡の前に沈黙。低めに落ちるチェンジアップを決め球に市岡が貫禄の投球を見せる。1回から6回まで毎回のようにランナーを出すが、スコアリングポジションにランナーが進んでからの投球がまた素晴らしく、スコアボードには0が並び続けた。

    これに対し、3回までに5安打を浴びた智辯学園・村上も中盤以降は立て直しに成功する。右肩の開きの少ないフォームから右打者のインサイドを正確に突き、龍谷大平安の強打者に踏み込みを許さない。平安としては村上攻略のキーマンだった左打者の岡田を7番に入れていたが、3四球でなかなか勝負してもらえなかったことも痛かったか。

    すると、終盤に入って徐々に智辯学園が市岡を捕まえだす。7回裏、智辯学園は四球の7番大橋を犠打で進めて2アウト2塁とすると、9番青木が市岡の高めに入ったボールをレフトにはじき返す。2塁ランナーは3塁を回ってホームを狙うが、今度は平安のレフト岡田が好返球を見せてホームタッチアウトに。お互いに外野手の好返球で得点を阻止し、試合は1-0のまま進む。

    だが、イニングが進むにつれて村上に封じられていった平安に対して、智辯学園は攻勢を強めていく。8回裏にも1番納のヒットを足掛かりに1アウト1,3塁のチャンス。ここは市岡が渾身の投球で4番福元、5番高橋を連続三振にきってとるが、確実に疲れが忍び寄っている投球であった。

    そして、9回裏ついに智辯学園が市岡を完全に飲み込む。1アウトから7番大橋、8番中村がともに高めに浮いた変化球をセンターに返し、1,2塁。さらにここまで2安打の9番青木には強攻を指示すると、右に打ち返した打球はライト線にポトリと落ちるヒットになり、1アウト満塁とチャンスを拡大する。

    ここで打席には1番納。大会序盤の不振から完全に断ち直ったトップバッターは市岡の0-1から甘めに入ったスライダーを見逃さなかった。センターに奇麗にはじき返した打球はチャージしてきた小川が後逸する間に2者が生還。智辯学園が9回1アウトからの4連打で逆転サヨナラ勝ちを収め、初の決勝進出を果たした。

     

    智辯学園は大会前はエース村上が注目されていたくらいで決して前評判の高いチームではなかった。しかし、村上-岡沢のバッテリーを中心とした堅守をベースに、太田・福元の2年生の主軸が成長した打線が厚みを増したことで、気づけば優勝を狙えるチームへと変貌していた。決勝では高松商をまたもサヨナラで下し、初優勝を達成。決勝打を放った村上は、開幕戦の初球を投じており、まさに「村上に始まって村上に終わった」大会となった。

    一方、龍谷大平安はあと2アウトから逆転サヨナラ負けを喫し、この試合での100勝達成はならなかった。しかし、秋にコールド負けを喫したチームが、2年前の全国制覇に続いて上位進出を果たしたことで、ここ数年の勝てなかった流れは完全に払しょくした感があった。2年後の2018年夏の第100回大会で通算100勝を達成し、原田監督は男泣き。今も京都の高校野球の中心に「HEIAN」がいるのは間違いない。

    2021年選手権準決勝 智辯学園vs京都国際(14日目第2試合) – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【88回選抜 準決勝】智辯学園vs龍谷大平安 9回ウラ – YouTube