• 2021年選手権1回戦 新田vs静岡(1日目第2試合)

    2021年08月10日

    大会1日目第2試合

    新田

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 1 0 0 0 1 0 2 0 4
    0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

    静岡

     

    新田   向井

    静岡   高須→鈴木→高須

    好投手・高須の投球が注目された試合は、新田打線が勝負強い打撃で県大会無失点のエースを攻略。夏の選手権初出場で見事初勝利を記録した。

    試合

    高須の長身からの角度のあるボールに対し、愛媛大会決勝で聖カタリナの好投手・桜井を攻略した新田打線がどう対応するかが試合の焦点であった。

    1回表、先頭の長谷川にヒットを許しながらも後続を断った高須だったが、序盤はボールがやや高い。2回表にも甘く入った変化球を5番新納にライトへ運ばれると、犠打で1アウト2塁から7番山本はストレートをレフトへ、8番向井は変化球をライトに運び、1点を先制する。

    立ち上がり高須のボールが高かったとはいえ、打者一巡目から高須のボールにアジャストした新田打線は素晴らしい。さすが野球どころ愛媛の代表校である。

    これに対して、新田の2年生エース向井は序盤から安定した投球を展開。高須とは対照的に意図して高めに投じるストレートと低めに集める変化球を駆使し、高低の攻めで静岡打線を封じる。捕手・古和田のリードにしっかり応えるコントロールがあり、軟投派ではあるが攻略は容易でない投手だ。

    同点を狙う静岡は3回以降徐々にランナーを出し始めるが、攻撃がつながらない。3回裏には2アウト2塁からレフト前ヒットが出るも、新田のレフト新納がホームへの好返球を見せてタッチアウト。さらに、4回裏には先頭打者が2塁打で出るが、続く打者の犠打はフライとなり、ランナーを進められない。静岡大会で機能した機動力や細かい攻撃がなかなか発揮できなかった。

    自軍の攻撃陣が苦戦を強いられる一方、エース高須も制球に苦しみ、なかなか自分の投球ができない。ボールにばらつきがあり、四死球でランナーを出す展開が続くため、県大会のようなリズムが生まれなかったのは否めないだろう。6回表には球数が100球を超えたところで2アウト3塁のピンチを招くと、9番山本に高めに浮いた変化球をきっちりレフトの運ばれて2点目。静岡大会を制圧したエースが6回途中でマウンドを降りることとなった。

    このままでは終われない静岡だが、要所でインサイドを攻める新田バッテリーの前に6回まで無得点が続く。新田のエース向井は投げるボールの一つ一つは目立たないが、丁寧かつ大胆な投球が光った。

    静岡打線がその状況を打開したのが7回裏。降板したエース高須が変化球に食らいついてレフトへのヒットで出塁すると、1アウト2塁となった女房役の川端はストレートに詰まりながらもライトへ落とす。バッテリーの泥くさいヒットでチャンスをつかむと、スクイズの構えで飛び出したランナーを刺そうとした古和田が3塁に悪送球し、待望の1点。さらに、8番山本は動揺した向井の変化球をセンターに運び、ついに静岡が同点に追いつく。

    チームの中心的存在の古和田のミスも絡んでの同点劇。完全に流れは静岡に傾いたかに見えたが、ここで新田にビッグプレーが飛び出す。9番山岸のセンター後方を襲った打球にセンター長谷川が背走しながら飛び込んでつかむナイスキャッチ。さらに飛び出した1塁ランナーも中継プレーで刺し、逆転の場面が一転無失点でピンチをしのぐ。

    こうなると攻守交替で、流れは新田へ。絶対的エースを下ろしたことで試合前に感じていた脅威も半減していたか。下位打線が連続四球を選んでチャンスをつかむと、最後は2番入山が痛烈にライト線を抜いて勝負あった。投げては8,9回と立ち直った向井が7安打2失点で完投し、新田が初めての夏の甲子園で記念すべき1勝を手にした。

    まとめ

    新田は静岡のエース高須に対して、きっちり選球してボールを選び、中盤までで攻略。それも4番古和田がノーヒットに終わった中で、ほかのナインが活躍して勝利をつかんだところにチームの底力を感じさせた。また、投げては2年生エース向井がコントロールと古和田の抜群の配球で2失点完投。結果的にもう一人の右腕・古和田を見せずに勝利することに成功した。

    古和田の投打での活躍は次回以降ということになったが、これで彼まで活躍し始めたらいよいよ新田が止まらなくなりそうだ。

    一方、静岡としては投打ともに誤算続きの内容になってしまったが、それでも7回裏に見せた攻撃には伝統校の意地が詰まっていた。あわよくば逆転してかっただろうが、あのセンターのキャッチを見せられては致し方ないという思いだろう。今回の悔しさをばねにまた甲子園に戻ってくる日はそう遠くないうちに訪れるはずだ。

    2021年選手権1回戦予想 新田vs静岡 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    『ハイライト』 新田 vs 静岡 第103回全国高校野球選手権大会 第1日 2021年08月10日 – YouTube