• 2021年選手権1回戦予想 阿南光vs沖縄尚学

    2021年選手権1回戦

    阿南光vs沖縄尚学

    47% 53%

     

    好左腕を擁する2チームの対戦。投手層の厚さと攻撃力の差でやや沖縄尚学に分があるか。

     

    沖縄尚学はエース左腕・當山が県大会無失点と好調を維持。130キロ台ながら伸びのある速球と手元でキレるスライダー、チェンジアップはなかなか打つのは難しいだろう。特にスライダーは左打者の背中から曲がってくるようなボールであり、初見で攻略するのは厳しいか。右腕・美里も3回戦で無安打無得点試合を達成しており、投手力は出場校中でもかなり上位に位置する。

    対する新野打線はチーム打率は2割7分5厘と目立った数字は残していないが、少ないチャンスを確実に活かす勝負強さが光る。新野時代には横浜や明徳義塾を相手に終盤に逆転劇を演じたこともあり、勝負所を逃さない集中力はこのチームにも引き継がれている。甲子園経験豊富な中山監督がどう作戦を練ってくるか。当てっている3番矢野に得点圏で回せれば面白くなる。

     

    一方、阿南光の勝利に絶対不可欠なのは、エース左腕・森山の好投だろう。2年生ながらキレのあるストレートをコーナーに投げ分けることができ、将来が楽しみな逸材サウスポーだ。徳島商や鳴門渦潮といった伝統校がなかなか自分のポイントでとらえきれていなかったことから、手元での伸びも相当あるだろう。徳島大会を一人で投げ抜いたようにスタミナにも不安はない。

    対する沖縄尚学打線は今年もスピーディーかつスキのない攻撃で着々と得点を重ねる。特に3番仲宗根は打率6割を超しており、コンパクトに振り抜いてセンターへ返す打撃でチームトップの11打点をマークした。俊足の選手が多く、相手の守備陣のかかる圧力も多くなるだろう。終盤に疲れが見えたところで一気に畳みかける力を持っている。

     

    阿南光としては、森山が踏ん張って終盤まで接戦に持ち込めれば、新野時代のような逆転劇を見せられるかもしれない。沖縄尚学にとっては、盤石の試合運びでリードを保ったまま終盤を迎えたいだろう。

     

    主なOB

    阿南光…條辺剛(巨人)

    沖縄尚学…安仁屋宗八(広島)、比嘉寿(広島)、東浜巨(ソフトバンク)、嶺井博希(DeNA)、與座海人(西武)

     

     

    沖縄 徳島

    春  0勝  0勝

    夏  1勝  0勝

    計  1勝  0勝

    対戦は2010年夏の1度のみ。春夏連覇を目指す興南が鳴門を10-0と大差で破り、沖縄勢の夏初優勝へ弾みをつけた。一方、久々の出場を果たした鳴門も2年後の2012年からは5年連続の出場を達成、名門復活へ向けて弾みをつけた出場となった。

    2021年選手権1回戦 沖縄尚学vs阿南光(4日目第3試合) – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)