• 2021年選手権2回戦 敦賀気比vs日本文理(7日目第4試合)

    大会7日目第4試合

    敦賀気比

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    1 5 0 0 1 0 0 1 0 8
    0 0 0 2 1 0 0 1 2 6

    日本文理

     

    敦賀気比  本田→吉崎→本田

    日本文理  田中→村越

    ともに強打を誇る北信越の強豪同士の対戦は最後まで目の離せない白熱の攻防に。最終回の日本文理の反撃をかわした敦賀気比が2019年に続く3回戦進出を果たした。

    試合

    日本文理は2年生エース田中、敦賀気比は右腕・本田が先発。試合は序盤敦賀気比打線がいきなり田中をとらえていく。

    1回表、日本文理の田中はストレートが走っており、1番東を三振に切って取る好調なスタート。このまま勢いに乗っていくかと思われたが、ここから敦賀気比打線が襲い掛かる。2番沼田、3番大島がともに甘く入ったボールを逃さずにヒットにすると、さらに満塁とチャンスを広げて5番前川がセンターへきっちり犠飛を打ち上げ、先制点。田中のスピードボールに対して、各打者とも1打席目からきっちり目がついていってる印象だった。

    さらに攻撃の手を緩めない敦賀気比は2回表、7番森田がセンターへのヒットで出塁すると、8番長尾はバスターを成功させてライトへのヒットでつなぐ。相手の2年生右腕に楽をさせない攻撃を見せると、さらに満塁となって1番東、2番沼田、4番上加世田、5番前川と次々にタイムリーを放ち、あっという間に5点を挙げて突き放す。

    本格派右腕攻略のお手本のようなコンパクトな打撃の敦賀気比。フライボール革命が叫ばれる中で、バットのヘッドを効かせて低い打球を放ち続ける攻撃を見せ、敦賀気比の強打の伝統がしっかり引き継がれていることを示した。

    リードをもらった敦賀気比の右腕・本田は初回の1アウト満塁のピンチを併殺でしのぐと、2回、3回は落ち着いた投球で無失点でしのぐ。選抜では左腕・竹松の控えだったが、この夏は右腕2本柱の一角として投手に専念。抜群のコントロールを武器に日本文理打線を封じていく。

    しかし、強打を掲げる日本文理もこのままで終わるわけにはいかない。4回裏、死球のランナーを一人置いて打席には長身の6番・玉木。本田の珍しく高めの浮いた変化球をとらえると打球は打った瞬間にそれとわかるホームランとなって一気に2点を返す。この一打で日本文理に流れが傾きかけるが、敦賀気比も捕手・長尾の好送球でセカンドランナーを刺し、流れを渡さない。

    その後は攻撃型の両チーム同士が激しく攻め合う展開に。5回に超リーム1点ずつを奪うと、お互いに鋭いけん制でランナーを刺そうとし、ランナーは一つでも先の塁を狙おうとする激しい攻防を見せる。北信越を引っ張ってきた強豪同士のハイレベルな試合である。

    敦賀気比は6回途中からマウンドに上がった吉崎が2イニングを無失点に抑えると、8回表に内野安打の1番東が犠打などで3塁に進むと、4番上加世田がアウトコース高めの変化球をとらえて左中間へのタイムリー2塁打とし、1点を追加する。1,2回に大量失点しながら踏ん張りを見せていた田中だったが、敦賀気比打線の鋭い攻撃が要所で得点を奪っていった。

    だが、2009年決勝で奇跡の追い上げを見せた先輩の姿はナインの脳裏に今も焼き付いている。8回裏に懸命のリードを見せてきた8番竹野のタイムリーで1点を返すと、9回に最後の意地を見せつける。1番土野が執念のヒットで出塁すると、2番塚野も巧打でスライダーを拾って1,2塁。ここで吉崎に暴投が出て1点を返すと、さらに4番渡辺を四球で出し、5番岩田にボールが先行したところで敦賀気比はたまらず本田をマウンドに戻す。

    しかし、あきらめることを知らない日本文理ナインはさらに5番岩田も広く空いた三遊間を破ってついに2点差に。なおも1アウト1,2塁と一打同点、一発でサヨナラの場面となる。だが、最後は本田が代打・高橋をセカンドゴロ併殺に来って取りゲームセット。敦賀気比がハイレベルな打撃戦を制し、3回戦進出を決めた。

    まとめ

    敦賀気比は持ち前の強力打線が日本文理・田中を攻略。投げるボールの一つ一つは非常に球威、キレがある投手であり、この投手から16安打8点を奪えるのはさすがとしか言いようがない、センスもパワーもある打者がつなぎの意識に徹してヒットを連ねるさまは2014年の強打がダブって見えた。本田、吉崎の2投手も相手の強打にさらされながらもなんとか持ちこたえて逃げ切りに成功。まずは選抜で果たせなかった1勝を手にし、ここから上位進出を狙う。

    一方、敗れた日本文理も6点の差を一打同点の場面まで持ってきた強打と粘りがさすがである。ただ打つだけでなく、走塁や守備の意識も非常に高く、両チームとも相手のスキをうかがう鋭いプレーを連発し、北信越勢のレベルの高さを満点下に示した一戦となった。2年生エース田中が残る新チームで再び甲子園での勝利を狙う戦いが始まる。

    2021年選手権2回戦予想 敦賀気比vs日本文理 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    2021夏の甲子園 敦賀気比VS新潟日本文理 敗れはしたが今年も伝統の粘りの日本文理でした。 – YouTube