• 2021年選手権2回戦予想 松商学園vs東北学院

    2021年選手権2回戦

    松商学園vs東北学院

    48%   52%

    〇17-4  高岡商 〇5-3  愛工大名電

     

    初戦はともに打線が持ち味を発揮した両チーム。打撃戦が予想されるが、投打のバランスの良さで東北学院がやや上回るか。

     

    東北学院はエース伊東が愛工大名電打線を3失点で完投。強打者が並び機動力もある打線を抑えたことは大きな自信になるだろう。角度のあるストレートスライダーはコーナーに決まればそう打たれないと予想する。ただ、松商学園打線はしぶとさという点では初戦の名電の打線より一枚上であり、我慢比べにどこまで耐えられるかが重要になるだろう。

    対する松商学園は特に上位打線の打撃技術が壮観である。選球眼、ファウルで粘る技術、確実性、長打力と全て持ち合わせており、特に3番織茂から6番金井までの4人で12安打を放って、2回で相手エースをKOした威力はすさまじかった。機動力も絡めて相手バッテリーを苦しめることができ、1回戦と違う長身の本格派右腕に対してどう立ち向かっていくか非常に見ものである。

     

    一方、松商学園は2年生左腕・栗原がスライダーを主体に初戦はまずまずの投球を見せた。ただ、スライダーが攻略されたイニングでは次の手に窮している感じもあり、そのあたりを次戦でどう修正してくるか。長野大会で栗原と2枚看板を形成した渡辺創の投球もカギを握りそうだ。

    対する東北学院打線は初戦で名電の好投手2人を攻略。積極的な姿勢でストライクを打ちに行く打線であり、名電・寺嶋のスライダーをうまく拾って攻略したようにうまさも兼ね備えている。宮城大会でも1イニング8点をたたき出したように一度つながると止まらなくなる集中打が持ち味だ。松商学園の投手陣相手にも同様の攻撃を仕掛けていきたい。

     

    おそらく東北学院の打線はある程度の得点は挙げることが予想される。カギになるのは伊東が松商学園の強力打線を相手に踏ん張り切れるかどうか。松商としては打ち勝つ野球で勝機を見出したいところだ。

     

    主なOB

    東北学院…本田圭佑(西武)

    松商学園…上田佳範(日本ハム)、辻竜太郎(オリックス)、田中健太郎(巨人)、深江真登(オリックス)、直江大輔(巨人)

     

    長野  宮城

    春  0勝  0勝

    夏  0勝  2勝

    計  0勝     2勝

    対戦は夏のみで宮城勢の2勝0敗。2019年夏には仙台育英が初出場の飯山を20-1と圧倒して勝利を飾った。長野勢のリベンジなるか、宮城勢の3連勝か。