• 2021年選手権2回戦予想 樟南vs三重

    2021年08月09日

    2021年選手権2回戦

    樟南vs三重

    52% 48%

     

    投打にバランスの取れた樟南か、打棒の三重高校か。投手力の差で樟南にやや分があるか。

     

    樟南のエース西田は今大会屈指の左腕。最速145キロを記録した速球は伸びも球威も十分であり、多彩な変化球も自在に操る。スピードもコントロールもあるため、無策で挑んでは攻略は不可能だろう。失策も6試合でわずか1と樟南の鉄壁のディフェンスは今年も健在だ。西田に本調子で投球を進められたら、取られても2~3点だろう。

    対する三重打線は県大会のチーム打率が5割1分という、ある意味天文学的(?)な数字をたたき出した強打線だ。初戦の徳風戦で65点をマークしたための数字だろうが、それを除いてもかなりの率を残しているだろう。上位から下位まで満遍なくつながる三重高校らしい攻撃が見られるか。1番の永井は出塁率が高く長打もある格好のトップバッターだ。まずは西田のストレートに力負けしないことが肝要だ。

    一方、三重の投手陣は右腕・植山と左腕・辻が中心となる。上山は強気のインサイド攻めが光る右腕で、多少の死球は覚悟のうえで攻め込んでくるだろう。左腕・辻も含めてランナーを背負うことは多いだろうが、ピンチになってから強気の投球ができるかどうかが重要だ。捕手・服部のインサイドワークが非常に重要となる。

    対する樟南の攻撃陣は例年犠打を駆使した手堅さが売りだが、今年は確実性も非常に高い。得点圏に進めたのちに確実にタイムリーが飛び出し、失点も計算できるため、1点1点着実に取ってくるだろう。特に1番町北、2番尾崎はともに打率が4割を大きく上回っており、2人でチャンスを作って中軸に回す可能性はかなり高いと言えそうだ。

     

    三重高校としては得意の打力が活きる展開に持ち込みたい。西田の速いストレートに対してベンチ入り選手も含めて全員で攻略の糸口をつかみたい。投手戦になれば、樟南が優位に進めそうだ。

     

    主なOB

    樟南…田村恵(広島)、上野弘文(広島)、青野毅(ロッテ)、前田大和(DeNA)、戸田隆矢(広島)

    三重…宮本四郎(大洋)、水谷新太郎(ヤクルト)、西川明(中日)、梅村学人(オリックス)、加藤匠馬(中日)

     

    鹿児島  三重

    春  0勝   1勝

    夏  0勝   1勝

    計     0勝   2勝

    対戦は2回あり、ともに三重県勢が勝利。それぞれ三重高校と相可高校が鹿児島実を下した。三重県勢の3連勝か、鹿児島勢の反撃か。

    2021年選手権2回戦 三重vs樟南(7日目第3試合) – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)