• 2021年選抜1回戦 天理vs宮崎商(2日目第1試合)

    2021年03月20日

    大会2日目第1試合

     

    天理

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 2 0 0 0 0 4 1 0 7
    0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

    宮崎商

     

    天理    達

    宮崎商   日高→長友

    伝統校同士の一戦は天理の長身右腕・が好投。打線も終盤に集中打を連ね、快勝で2回戦進出を果たした。

    試合

    天理の先発は190㎝の長身から投げ下ろす。今まで数多くの長身投手がダルビッシュ2世と言われてきたが、彼はその中でも本家に使づく可能性の高い逸材だ。1年秋には大阪桐蔭打線を相手に好投を見せて、チームを近畿大会優勝に導いている。

    そのに対して宮崎商は初回、3番中村の四球と4番建山のライト線に落ちるあたりで1,3塁のチャンスを迎えるが、5番西原は見落ちるボールに対して見逃し三振に倒れて得点ならず。やはり初回からあの角度のあるボールに対してアジャストするのは難しかったか。

    初回のピンチをしのいだ天理は2回表に先制点を奪う。中村監督をして、「例年ほどの打力はない」という打線だが、4番瀬の内野安打を足掛かりに2アウト3塁のチャンスをつかむと、7番木下が宮崎商・日高のストレートを完ぺきにとらえて右中間を破り1点を先制。さらに続く8番は甘く入ったカーブを無理せずライトへはじき返し、2点目を挙げる。

    が本調子になる前に捕まえたい宮崎商は2回裏に1アウトから7番日高、8番平松がともに落ちるボールをとらえて1アウト1,3塁とチャンスを迎える。しかし、後続が達の角度のあるストレートをとらえきれずに凡退し、得点をあげることができない。

    ここから試合は膠着していく。3回から6回まで両チームとも攻撃がすべて3人で終わる展開に。が自慢のストレートを武器に力で抑え込めば、日高もアウトコースへ絶妙に制球されたスライダーで天理打線を抑え込んでいく。6回までは非常にリズムの良い投手戦であった。

    その均衡が崩れたのは7回表。天理は4番のヒットに相手守備のミスも絡んで満塁のチャンスを築く。ここで9番政所が取りに来たストレートを逃さずレフトに打ち返して大きな2点を追加。捕手らしく狙いを絞った打撃であった。これで勢いを得た天理は続く1番内山のライトオーバーの3塁打も飛び出し、この回計4得点。大きなリードを奪った。

    打力に自信を持つ宮崎商の反撃は8回裏。終盤に入って球数もかさんできたに対し、ランナーを1塁において3番中村が会心のセンターオーバーのタイムリー3塁打を放って1点を返す。宮崎商の意地をみた得点であった。

    8回に1点は失ったが、は結局9回を一人で投げ抜いて1失点で完投。大会屈指の好投手の評にたがわぬピッチングを見せ、天理が2015年以来の選抜勝利を挙げた。

    まとめ

    天理にとってはエースが抑えて、打線がダメを押す理想的な展開に持ち込めた。は立ち上がりに少しとらえられかけたが、落ちるボールをうまく組み合わせながら要所は得意の真っすぐでしのぎ切った。打線も終盤は地力を発揮して得点。昨年のような豪快さはないが、つないでいくスタイルの時の天理の方が勝ち上がるケースはままある。次戦は過去2回選抜で敗れている関東王者・健大高崎が待ち受ける。

    宮崎商は終盤までよく食らいついたが、やはり達を相手に追いかける展開は苦しかっただろう。日高はキレのあるストレートとスライダーを武器に、さすが九州大会を勝ち抜いただけはあると思わせる好投を見せたが、秋によく打った打線が勝負所で達のボールに力負けした印象だった。全国の舞台で球威と角度のあるボールへの対応という課題を得て夏に向かう。

    2021年選抜1回戦 天理vs宮崎商(2日目第1試合) – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【センバツ2021】宮崎商 vs 天理 ハイライト2021年3月20日~第93回選抜高等学校野球大会【高校野球】 – YouTube