• 2021年選抜1回戦 東海大菅生vs聖カタリナ(5日目第1試合)

    大会5日目第1試合

     

    聖カタリナ

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 0 1 0 2 3
    0 1 2 0 0 0 0 1 × 4

    東海大菅生

     

    聖カタリナ  櫻井

    東海大菅生  鈴木→松永→千田

    4度目の出場で選抜初勝利を狙う強豪・東海大菅生と春夏通じて初出場の聖カタリナの対決は最終回まで目の離せない攻防に!3投手の継投で猛追をかわした東海大菅生が念願の初勝利を飾った。

    試合

    東海大菅生の先発は大方の予想をかわして、エース本田でなく長身右腕の鈴木。聖カタリナも意表をつかれたかもしれず、角度のある速球の前に立ち上がり自慢の打線が封じ込まれる。

    一方、キレのあるスライダーを武器に昨秋の四国大会を勝ち上がった聖カタリナ・櫻井だが、東海大菅生サイドも当然そのボールを狙ってくる。2回裏、先頭の6番鈴木がスライダーを引っ張り込むと、打球は大会5日目にしてようやく飛び出した今大会ホームランとなって、菅生が1点を先制。抜けてきたボールを逃さなかった。

    勢いに乗った菅生は3回裏にも櫻井に襲い掛かる。1アウトから2番がストレートをセンターに返すと、打席には3番千田。盛んに1塁ランナーのが足で揺さぶりをかけると、昨秋に打率5割近くをマークした打線の柱が高めに浮いたスライダーを再びレフトに引っ張って2ランホームラン!2017年夏を彷彿とさせる長打力で一気に試合の流れを呼び込む。

    「アルティメットチャレンジ」の指標通りに打って試合の流れをつかみたい聖カタリナだが、5回まで鈴木のストレートの前になかなか対応できない。6回に1番堀越のヒットと2四球で満塁のチャンスをつかむも、菅生の2番手・松永への継投にかわされて得点を挙げることができない。

    それでも打撃のチームを自負する聖カタリナは7回に反撃を見せる。4回以降強気のインコース攻めで立ち直ったエース櫻井の投球に応え、7回表2アウトから8番井上が四球で出ると、代打・足達はライト前ヒットでチャンス拡大。ここで1番堀越への初球が捕逸となって、聖カタリナが待望の甲子園初得点を挙げる。

    これ以上点差をつけられたくない聖カタリナだが、8回裏にエース櫻井に疲れが忍び寄る。1アウトから昨秋にけがで出場できなかった2番主将のがヒットで出塁。3回に続く活躍を見せると、3番千田のライトへの打球を前進してきたライトが捕球できず、1,2塁。さらに四球で満塁となると5番小池がきっちり犠飛を打ち上げて点差を再び3点に開く。

    9回表、あきらめない聖カタリナはこの回からマウンドに上がった3番手の千田を攻め立てる。1アウトから7番櫻井のテキサスヒットと四球、そして途中出場の足達のヒットであっという間に満塁のチャンスを迎える。打力のチームだけあって下位打線までバットがしっかり振れている。ここで1番堀越への投球が痛恨の暴投となって聖カタリナが1点を返す。

    球威はあるもののボールが暴れている千田。さらに四球で満塁となると、2番田代が犠飛を放ってついに1点差に詰め寄る。球場が騒然となるなかで、さらに四球で満塁となるも、最後は頼みの4番川口がサードゴロに打ち取られて万事休す。東海大菅生がひやひやものの展開で1点差ゲームをものにし、選抜では初めてとなる勝利をつかみ取った。

    まとめ

    東海大菅生にとっては分厚い投手陣を活かした盤石の継投のはずだったが、最終回は千田が想定外の荒れ方となった。これまでの甲子園でも1点差ゲームが非常に多い菅生だけにある意味「らしい」試合ではあったか。ただあれだけのピンチでもエース左腕本田を使わなかったのは余裕ととっていいのか、少し疑問が残る。相手エース櫻井の決め球を狙って2ホームランした打線は破壊力が証明されただけに、次は安定して試合を進めたいところだ。

    対する聖カタリナはあと一歩で及ばなかったが、投打に実力は出し切れた試合だったのではないだろうか。エース櫻井は2ホームランは浴びたが、中盤以降はインサイド主体の強気の攻めで持ち味のスライダーを活かしきった。打線も1点及ばなかったものの、終盤の追い上げは見事。6回以降は塁上をにぎわせ、好投手を擁する菅生の投手陣を十分苦しめたと言えるだろう。夏の戦いへ向けて手ごたえを得た試合となった。

    2021年選抜1回戦予想 東海大菅生vs聖カタリナ – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    3月24日【東海大菅生 VS 聖カタリナ 】ハイライト…第93回選抜高等学校野球大会 FULL – YouTube