• 2021年選抜2回戦 中京大中京vs常総学院(8日目第3試合)

    大会8日目第3試合

     

    中京大中京

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 1 2 5 0 1 0 2 4 15
    0 0 0 0 1 0 0 4 0 5

    常総学院

     

    中京大中京  畔柳→松田→柴田

    常総学院   秋本→大川→伊藤→塙

    高校野球の歴史を彩ってきた伝統校同士の対戦は中京大中京の豪打がさく裂して予想外の大差に。甲子園通算勝利数をさらに更新し、貫禄の試合内容で8強最後の椅子をつかんだ。

    試合

    常総学院は秋本、中京大中京は畔柳と初戦と同じ投手が先発マウンドに上がった。

    秋本畔柳ともに初回は四死球のランナーを出しながらも無失点で切り抜ける。畔柳はやや慎重にコントロール重視で投げている印象があり、球速は130キロ台ながらも打者が差し込まれる場面が目立った。

    畔柳相手に追いかける展開は避けたい常総学院だが、2回表に先制点を奪われる。6番加藤を三遊間へのゴロに打ち取るが、ショートとサードが交錯して後ろにそらす間に一気に2塁を陥れられる。中京らしいそつのない攻めでチャンスを作ると、初戦で決勝打を放った7番櫛田がその初戦のタイムリーと全く同じような流し打ちのタイムリーで1点を先制する。

    序盤で先制点を奪ったことで硬さも取れたか、この日は中京攻撃陣のバットが振れている。3回表には2番杉浦、3番桑垣の連打と犠打で再びチャンスを迎えると、犠飛と6番加藤のタイムリーで加点。秋本のややシュート回転するボールに対してセンター中心のコンパクトな打撃で打ち返し、着実に得点を重ねた。また、走塁一つとってもそつがなく、今年の中京のつなぎの良さが出ている。

    リードをもらった畔柳は徐々にその実力の片りんを見せ始める。ストレートの球威はおそらくこの大会の出場校中でもNo.1。初戦で9得点を挙げた常総学院打線もなかなかそのうまさを見せる機会がない。やはり、畔柳にスイスイ投げさせてはいくら常総と言えども分が悪かった。

    こうなると、中京がのびのびと自分たちの野球を展開し始める。4回表には8番畔柳のヒットを足掛かりに満塁のチャンスを形成。この場面も相手バッテリーのスキを見てすかさず盗塁を決めるなど、とにかくスキがない。秋本の集中力を徐々にそいでいくと、4番、6番加藤がカウントを取りに来たボールを逃さずとらえてともにタイムリー2塁打を放ち、一挙5点。序盤で試合の大勢は決してしまった。

    反撃したい常総学院は5回裏、7番鳥山・9番中村と下位打線が軽打でつないで満塁のチャンスをつかむと、1番宮原が押し出しの四球をえらび、1点を返す。畔柳にとっては今大会14イニング目で初の失点。さらに上位打線につながるところだったが、ここは畔柳が後続を打ち取り、得点を与えなかった。

    中京は終盤以降も常総の2番手・大川らを攻めて着実に加点。常総学院も8回から登板した中京の投手を攻めて4点を返すも、序盤の失点を取り返すには及ばなかった。中京はエース畔柳を7回で下げる余裕を見せ、15-5の大差でベスト8進出を決めた。

    まとめ

    中京は初戦では鳴りを潜めていた打線が爆発。巧みな走塁を絡めてそつのない攻撃で常総バッテリーに圧力をかけ、制球が甘くなったところで一気にたたみかける理想の攻撃であった。畔柳も初戦ほどの球の走りはなかったものの、丁寧な投球で要所を締め、7回1失点にまとめた。昨年から無敗で勝ち続ける王者が、その「勝ち続ける所以」を示すかのような戦いぶりで8強の座をつかんだ。

    対する常総学院は完全に力負けしてしまった印象の試合だった。中京のうまさに完全にしてやられた感はあり、投手を含めてややディフェンス面のもろさがでてしまったか。打線も畔柳のボールにアジャストしつつはあったが、点差が開いたことで常総らしいそつのなさを出しづらくなってしまった。全国トップレベルのチームを体感して夏までに島田監督のもと、どこまで成長できるか。逆襲の夏に期待したい。

    3月27日【センバツ2021】常総学院 vs 中京大中京 ハイライトFULL GAME~[高校野球]第93回選抜高等学校野球大会<第8日> – YouTube