• 2021年選抜2回戦 東海大菅生vs京都国際(8日目第2試合)

    大会8日目第2試合

     

    京都国際

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 4 0 0 0 0 4
    0 1 1 0 0 0 0 0 5

    東海大菅生

     

    京都国際   森下

    東海大菅生  鈴木→松永→本田

    中盤の逆転劇で京都国際のペースになっていた試合は最終回にドラマが!東海大菅生が劇的な逆転勝ちでベスト8進出を決めた。

    試合

    東海大菅生は鈴木、京都国際は森下とともに1回戦と同じ投手が先発。

    立ち上がり、東海大菅生は鈴木が1回戦と同様に伸びのあるストレートを武器に京都国際の打線を封じ込めれば、対する京都国際は左腕・森下が初戦と違い、武器であるスライダーを低めに集めて0点で切り抜ける。

    京都国際にアクシデントがあったのは2回。2枚看板の一人の右腕平野が死球を右手に受けてしまう。そのまま試合には出場し続けたが、しびれがあるということでこの日の登板はしない方針に。序盤で京都国際は貴重な2枚看板の一人を欠くこととなってしまう。

    2回裏、東海大菅生打線が森下を捕まえる。5番小池はスライダー、6番鈴木はストレートをそれぞれセンターに打ち返して1.3塁とすると内野ゴロ併殺崩れの間に1点を先制する。ところが、この後に8番岩田にライトオーバーの2塁打が飛び出しながらも、まずい走塁もあって追加点を奪えず。東海大菅生にとってはもやもやした展開となる。

    東海大菅生は3回にも1番福原の2塁打を足掛かりに1点を追加するが、4回に盗塁しがあるなど、波に乗り切れない。若林監督にとってはリードを奪いながらも嫌な空気を感じていただろう。

    この流れに乗じたか、5回表に京都国際打線がつながり始める。7番後藤、8番金田がともにスライダーをとらえて下位打線からチャンスを作ると、2アウト満塁とチャンスを広げて打席には初戦で勝ち越し打の3番中川。アウトコースのスライダーを強烈に引っ張り込んだ打球はレフトの横を痛烈に破るタイムリー2塁打となり、一気に試合をひっくり返す。

    京都国際にとっては初戦の柴田戦についでの満塁走者一掃の逆転打。さらに今大会ヒットの出ていなかった4番森下にもタイムリーが飛び出して4-2とリードを広げる。それまで押されっぱなしだった京都国際だが、まさにワンチャンスをきっちり活かす野球を見せつけた。

    こうなってくると、今度は菅生の攻撃がどうかというところだが、森下が自らタイムリーも放っていい意味で力が抜けたのは、腕の振りが抜群によくなる。力みなく投じられる伸びのある速球の前に菅生打線が沈黙し、スライダーにも合わなくなる。わからないもので、中盤以降は完全に京都国際のペースで試合が進む。

    追加点の欲しい京都国際だが、菅生投手陣も必死の継投で対抗。6回には1アウト3塁のピンチを2番手の左腕・松永が連続三振で切り抜けると、最終回は故障の影響で登板を回避していたエース本田が登板。ランナーを3塁まで進められるが、こちらも後続をきっちり打ち取ってピンチをしのぐ。さすがに激戦区の東京を勝ち抜いただけあって、決めに行った時のボールは両投手とも抜群の威力があった。

    すると、最終回に野球の神様は驚きの展開を用意していた。9回になってさすがに球威の落ち始めた森下から2番、3番千田の連打でチャンスをつかむと、2つの内野ゴロの間に1点を返し、なお2アウト3塁となる。森下は続く6番鈴木とは無理に勝負せずに歩かせるが、代打・山田には想定外の死球で満塁とピンチを広げてしまう。

    ここで若林監督が打席に送ったのは秋に全く出番のなかった代打・多井森下は渾身の真っすぐで2ストライクと追い込んだが、最後は勝負を急いだか。ボール球でもいい場面で外角に投じたストライクボールを多井がとらえた打球は前進守備のライトの頭を超える打球となり、ランナー2人が生還。劇的な逆転サヨナラ勝ちで東海大菅生が選抜では初のベスト8進出を決めた。

    まとめ

    東海大菅生にとっては序盤に攻撃のミスで流れを失うと、中盤にワンチャンスでひっくり返されるという典型的な負けパターンに陥っていたが、最後は投打ともに選手層の厚さで上回った印象。特に京都国際に追加点を与えなかった2人の左腕の激闘は間違いなく影の立役者であった。そして、最後は春からベンチ入りした多井の逆転サヨナラ打で幕というこれ以上ない勝ち方。まさに全員野球で道を切り開いた勝利だった。

    一方、京都国際は格上の相手に対してよく試合をひっくり返してリードしたが、最後はやはり2年生主体のチームの若さが出てしまったか。また、右腕・平野を死球の影響で使えなかったことも痛かっただろう。ただ、柴田戦も今日の試合も我慢して我慢して粘ってひっくり返すという自分たちの野球は十分できていた。これからまだ伸びしろは十分あり、今年の夏、そして来年の春と成長が楽しみなチームである。

    3月27日【センバツ2021】東海大菅生 vs 京都国際 ハイライトFULL GAME~[高校野球]第93回選抜高等学校野球大会<第8日> – YouTube