• 2021年選抜2回戦 福岡大大濠vs具志川商(7日目第2試合)

    大会7日目第2試合

     

    福岡大大濠

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
    1 1 0 1 0 1 0 0 0 0 4 8
    1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 4

    具志川商

     

    福岡大大濠  毛利→馬場

    具志川商   粟国→新川→田崎

    九州勢同士の白熱した攻防は両者譲らずに延長戦に。延長11回に8番松尾のホームランが飛び出した福岡大大濠が4年前の出場に続いてベスト8へ名乗りを挙げた。

    試合

    前年秋の九州大会でも激突した両チーム。その時はエース毛利の好投で大濠が3-0と完封勝ちしたが、そこから時を経て両チームの差は縮まっていたか。

    具志川商の先発は初戦はリリーフ登板だった右腕・粟国。福岡大大濠は2アウトから3番山下がインサイドのストレートを振り切ってレフトへのヒットを放つ。すかさず盗塁でチャンスを作ると、4番川上が大会初ヒットとなるタイムリーを放って1点を先制する。

    リードをもらってマウンドに上がるのは大会屈指の左腕・毛利。初戦は九州王者の大崎を寄せ付けずに1失点完投勝利を収めた。しかし、前年秋に敗れた具志川商打線はひるまず打っていく。ヒットで出た1番大城はけん制で刺されたが、2アウトから3番新川が初球のスライダーをとらえると、打席はレフトスタンドに飛び込むホームランとなり、すぐさま同点に追いつく。昨秋に完封された毛利から10イニング目で初めての得点を挙げる。

    しかし、この日は大濠打線も好調。2回表、1アウトから毛利が左中間を深々と破る3塁打を放つと、1回戦で決勝打を放った8番松尾がここでもテキサス性のタイムリーを放ち、勝ち越し、初戦から下位打線に当たりが出ており、八木監督も心強いだろう。具志川商は3回から粟国をあきらめてエース新川をマウンドへ送る。

    これで勢いに乗るかと思われた大濠の毛利だが、具志川商打線は前年から成長の跡を見せる。9番伊波勢が内野安打で出塁すると、執拗にスタートを切って毛利を揺さぶる。これで集中をそがれた毛利は1番大城、2番島袋がともに毛利の甘く入ったストレートをとらえてタイムリーとし、一気に試合をひっくり返す。好投手・毛利に対して積極果敢な攻撃でとらえて見せた。

    ただ大濠も前の試合で大崎にリベンジしているだけに、この試合は受け身の姿勢はない。逆転された直後の4回表、四球で出た毛利を1塁において9番吉田にエンドランをかけると、甘く入ったストレートをとらえて左中間に運び、毛利が1塁から長駆ホームイン。攻め気を失わずに取られたらすぐに取り返す。

    一進一退の攻防は6回表に大濠が好調の8番松尾の3塁打と9番吉田の犠飛で勝ち越せば、その裏具志川商もすぐに反撃。毛利のキレのある真っすぐに対して徐々に選球でき始めた具志川商は満塁のチャンスを作ると、6番比嘉はフルカウントから四球を選んで押し出しで同点に。この日の毛利はややストレートが高めに浮くケースが散見された。

    その後も両チーム譲らない展開で試合は延長戦に突入。すると、延長10回に球数が130球を超えた毛利は足に異変が生じて途中降板。2番手の馬場にマウンドを譲る。

    このエースの緊急降板に打線が奮起したか、直後の11回表に大濠打線が勝ち越し点を挙げる。ここまで当たりに当たっている8番松尾新川のストレートを引っ張り込むと、打球は浜風に乗ってレフトスタンドへ飛び込む勝ち越しホームランに。ラッキーボーイの一発で勢いづいた大濠は、新川と3番手の田崎から3安打に四球と失策も絡めてこの回一挙4点を挙げ、試合の大勢を決めた。

    具志川商もその裏2本のヒットを放って追いすがるが、最後は2番手の馬場が落ち着いた投球で振り切り、ゲームセット。大濠が昨秋に続いて具志川商を下し、4年ぶりの8強入りを果たした。

    まとめ

    大濠はエース毛利が失点を重ねた中でも、打線がしっかり援護しての勝利。昨秋は打力が課題だったが、チームとしてしっかりその課題を解消してきたことがうかがえた。特に決勝ホームランを放った松尾の活躍は目覚ましいものがある。

    毛利は1回戦と比較すると、ややコントロールに甘さがあったが、ボールの走り事態は悪くなく、どちらかといえば具志川商打線の成長を褒めるべきだろう。足の状態がやや心配だが、おそらく心配はないだろう。まずは九州勢の集ったブロックを無事に勝ち抜いて8強にたどり着いた。

    対する具志川商はリベンジこそならなかったが、大濠との差を詰めたことをうかがわせる試合内容だった。前年5安打完封されたチームが11安打4得点。多少甘く入ったとはいえ、毛利のボールを確実にとらえる打撃は一般枠のチームとなんらそん色はなかった。強豪集う夏の沖縄大会を勝ち抜いて再び甲子園で暴れまわる日を高校野球ファンは心待ちにしている。

    3月26日【センバツ2021】具志川商 vs 福岡大大濠 ハイライトFULL GAME~[高校野球]第93回選抜高等学校野球大会<第7日> – YouTube