• 2022年選手権準々決勝予想 聖光学院vs九州学院

    2022年選手権準々決勝

    聖光学院vs九州学院

    52%  48%

    〇4-2    日大三     〇14-4  帝京五

    〇3-2    横浜      〇4-0 国学院栃木

    〇8-1    敦賀気比

    ともに過去最高成績がベスト8の両チーム。初めてとなる4強入りに手をかけるのはどちらになるか、注目の「学院」対決が幕を開ける。

     

    聖光学院はエース佐山が3試合連続で好投を見せ、強豪ばかりを相手にして総失点はわずか3と素晴らしい内容だ。絶対的な球威があるわけではないが、バッターのバットを差し込むキレがあり、内外に投げ分けるコントロールも併せ持つ。スコアリングポジションに走者を背負ってから強いのも好材料だ。唯一疲れが心配されるが、本調子なら取られても3,4点ではないだろうか。左腕・小林剛が控えているのも心強い。

    対する九州学院打線は、3回戦は国学院栃木の継投策にやや苦しんだが、やはり全体的にストレートには強い傾向がある。4番の村上慶に注目が集まるが、上位から下位まで無理なく逆方向に打ち返す打撃ができ、失投が来れば確実にとらえることができる。聖光学院バッテリーの内外の揺さぶりに対して、惑わされることなく自分たちのスイングをすることが大事になってくるだろう。

     

    一方、九州学院の2年生エース直江は3回戦はベストピッチで完封勝利を達成。変化球のキレ、低めへのコントロールともに抜群であり、ストレートよりも変化球メインの配球の方が彼本来の力が出せるのかもしれない。ただ、聖光学院打線は高めに浮いた変化球はほぼミスショットなく痛打してくるので、3回戦以上に低めへの意識は徹底したほうがいいいだろう。まだ2試合を戦ったのみで、日程も空いており、疲労の影響なく戦えるか。

    対する聖光学院打線は過去最高レベルの攻撃力を有していると言っていい。積極的な打撃の光る1番赤堀、ともにホームランを放った2番高中、3番安田、4番三好、そして左打席からのシュアな打撃が光る5番山浅と上位打線の破壊力は一級品だ。九州学院の直江に対して、低めのボールの見極めができれば、攻略の糸口は見えてくる。何より、日大三・横浜・敦賀気比とV経験校を次々打ち破った自信が彼らにはみなぎっているだろう。

     

    ともに投打に充実しているが、総合力ではやや聖光学院に分があるか。九州学院としてはまず聖光学院の先制パンチが出ないようにして、前半戦をできるだけイーブンの状態で乗り切れば、直江がしり上がりに調子を上げるタイプだけに、勝機は十分見えてきそうだ。

     

    主なOB

    聖光学院…斎内宏明(阪神)、岡野祐一郎(中日)、園部聡(オリックス)、佐藤都志也(ロッテ)、湯浅京己(阪神)

    九州学院…小田裕也(オリックス)、溝脇隼人(中日)、島田海吏(阪神)、伊勢大夢(DeNA)、村上宗隆(ヤクルト)

     

    福島  熊本

    春  0勝   0勝

    夏  0勝   2勝

    計     0勝     2勝

    対戦は2度あり、熊本勢の2勝負けなし。1985年には熊本西が伝統校・磐城と対戦。ノーシードから九州学院や椿西など強豪を次々倒した新鋭は、甲子園でも初回から磐城投手陣を攻め立てる。中盤に追い上げを食らうも、エース広田が12安打を浴びながら3失点で踏ん張り、初出場で初勝利を手にした。なお、後輩たちは2019年に21世紀枠で選抜出場を果たしている。

    熊本勢の3連勝か、はたまた福島勢が3度目の正直で勝利するのか。