• 2022年選手権準々決勝予想 近江vs高松商

    2022年08月17日

    2022年選手権準々決勝

    近江vs高松商

    52%  48%

    〇8-2    鳴門     〇14-4  佐久長聖

    〇8-3    鶴岡東    〇2-1 九州国際大付

    〇7-1    海星

    エース山田を中心に投打に充実する近江と、3回戦でエース渡辺和が好投し、九州国際大付に競り勝った高松商。総合力でやや近江が上回るが、大きな差はなく、両エースの調子が良ければ投手戦になりそうだ。

     

    近江はエース山田が最後の夏に大きな成長を見せている。時折、制球を乱す場面はあるが、試合の中での修正力が高く、大事な場面ではギアをあげてストレートで押してくる。1試合通してみると、そう多くの失点はしないだろう。懸念材料があるとすれば、1回戦からの登場であり、疲労面ということになるだろう。左腕・星野も登板済みだが、まだ大事な場面で怖さはあり、多賀監督次第だが、山田に託すことになりそうだ。

    対する高松商打線は初戦でホームランを放った4番本田と6番を打っていた林が抜けてしまった。3回戦は守り勝ったものの、1番浅野へのマークはより強くなるだろう。山田の力を入れた速球と浅野のフルスイングはどちらに軍配が上がるのか、今からワクワクが止まらない。ただ、打線全体を通して逆方向への意識は高く、今大会の山田の失点の場面を見てもそういう打球は多い。3~4点を目標にコツコツと得点を積み重ねたい。

     

    一方、高松商の左腕・渡辺和も3回戦では素晴らしい投球で九国打線を1失点で完投。左打者のインサイドにも積極的に投げ込んでおり、左の好打者が並ぶ近江の上位打線には効果的だろう。山田が相手ということで1点1点の重みが増すだけに、初戦でミスのあった内野守備に関しては注意を払いたい。高松商が勝つならば、ロースコアで守り勝つ展開だろう。

    対する近江打線は2番清谷、5番石浦が絶好調。この左右の好打者2人がほとんどの得点シーンに絡んでいる。また、ここまで当たりの止まっている1番主将の津田だが、3回戦の最後の打席ではいい当たりを放っており、いいイメージで臨めそうだ。全体的にミート力の高い選手が多く、つないでつないでチャンスを作って、3回戦でグランドスラムの山田に回せればベスト。渡辺和に前半から球数を投げさせてじわじわと追い込む攻撃をみせたいところだ。

     

    ともにコロナで離脱者が出たが、戦力面でのダウンが大きいのは高松商の方だ。山田にスイスイ投げさせないためにも浅野の第1打席を筆頭に、序盤の先制攻撃がカギを握りそうだ。近江としてはエースを中心にこれまでと変わらない野球を展開したい。

     

    主なOB

    近江…木谷寿己(楽天)、伊奈龍哉(ソフトバンク)、小熊凌祐(中日)、植田海(阪神)、京山将弥(DeNA)

    高松商…水原茂(巨人)、山口富士雄(阪急)、大森剛(巨人)、神田義英(ロッテ)、松永昴大(ロッテ)

     

    滋賀  香川

    春  0勝   1勝

    夏  0勝   0勝

    計     0勝     1勝

    対戦は1980年選抜の1度だけ。丸亀商が瀬田工を6-1で下し、勢いに乗ってベスト4まで勝ち上がった。準決勝で伊東昭(ヤクルト)を要した帝京にサヨナラ負けしたが、同校史上最高成績を残した。一方、敗れた瀬田工も同年夏にベスト4まで進出。こちらも準決勝で同じ東京勢の早稲田実(荒木大輔(ヤクルト)が1年生)に敗れたが、準々決勝では浜松商に20-5と大勝するなどスタンドは大盛り上がりであった。