プロ選手の青春時代

大谷翔平の高校時代評価情報まとめ

投稿日:

こんばんは。
今回は二刀流で世間を騒がせている日本を代表する選手。
日本ハムファイターズの大谷翔平選手の青春時代を振り返ります。

大谷翔平選手のプロフィール

岩手県水沢市(現:奥州市)出身。社会人野球の選手だった父とバドミントン選手の母を持つ、
スポーツ一家の末っ子として生まれました。
「翔平」という名前は、父が奥州・平泉にゆかりのある源義経にちなんで、
義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。

ちなみにお兄さんはアイランドリーグからトヨタ自動車で活躍した選手です。

大谷翔平選手の学生時代の評価は

大谷選手は中学時代、現西武ライオンズで活躍中の菊池雄星選手に憧れて花巻東に入学。
目標として、「日本人最速となる163km/hを記録する」「日本一になる」
「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」ことを目標に掲げています。

このころから菊池選手に憧れていることが伺えますね。

ちなみに、入部後の監督評価として、

「まだ骨が成長段階にある。1年夏までは野手として起用して、
ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針でした。
明らかに器が周りと違って見えたというコメントがありました。

1年春は「4番・右翼手」で公式戦に出場。秋からエースを務め、最速147km/hを記録し、
2年春には最速151km/hを記録し、“みちのくのダルビッシュ”と呼ばれ注目されます。

第93回全国高等学校野球選手権大会初戦の帝京高校戦では骨端線損傷により右翼手として先発出場するが、
4回途中から登板し、田中将大(駒澤大学附属苫小牧高等学校)に並ぶ甲子園での高校2年生最速タイ記録となる
150km/hを記録しました。

その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場した。3年の第84回選抜高等学校野球大会では
初戦の大阪桐蔭高校戦で藤浪晋太郎から本塁打を打つも、11四死球で9失点と敗れた。
3年夏の岩手大会の準決勝・一関学院高校戦ではアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した。

甲子園通算成績は14回を投げ防御率3.77、16奪三振。
野手としては2試合で打率.333、1本塁打。
ホームランは阪神で活躍している藤浪晋太郎から打ったのは
記憶にあたらしいのではないでしょうか。
※怪我明けもあってなかなか安定していませんね。
3年時の夏も予選でまけている事など肘肩の消耗が少なかったことが現在の活躍に
つながっているのかもしれませんね。

彼を語る上で外せないのが下記の目標シートです。
心理学に乗っとてドラ1に向けて目標を立てていきました。

f5965db947f4980aef19dacde5831f8b

大谷翔平の逸話

大谷くんを語る上でこのような話があがっていました。

①全然目立たない
②机はBIG SIZEでベランダ側の1番後ろが定位置
③ビジネス書を愛読
④成績はTOP5
⑤読書家で優等生

すごすぎて言葉が出ません笑

大谷翔平選手の他にプロ野球選手はいるの

花巻東高等学校は様々なプロ入りした選手がいます。

  • 岸里亮佑(日本ハム)
  • 菊池雄星(埼玉西武)

※花巻商業時代は今回は記載から省かせて頂きます。

まとめ

日本を代表する大谷選手。
雪が降る花巻での高校時代。
この頃から天才と言われんばかりの才能を発揮していますね。
今後の日本球界を引っ張っていってほしいものです。

-プロ選手の青春時代

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.