スポンサーリンク
2023年

2023年選手権1回戦 日大三vs社(4日目第2試合)

大会4日目第2試合 社 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 1 0 × 3 ...
2023年

2023年選手権1回戦 鳥栖工vs富山商(4日目第1試合)

大会4日目第1試合 富山商 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 1...
2008年

横浜vs仙台育英 2008年夏

強豪同士のしびれるナイトゲーム 突出したチームがなく、優勝候補が乱立していた2008年の選手権大会。好勝負が多く演じられた中、1回戦最終ブロックは実力校ぞろいの死のブロックとなった。その中を力強く勝ち抜いたのが、横浜と仙台育英という、...
2012年

桐光学園vs常総学院 2012年夏

2年生左腕を追い詰めた常連校 2012年の甲子園は決勝カードが春夏連続で大坂桐蔭vs光星学院となり、この2校が抜けた存在で会ったのだが、こと夏の甲子園において、前半戦の主役と呼べる存在だったのが、桐光学園・松井裕樹(楽天)であった。 ...
1996年

鹿児島実vs岡山城東 1996年選抜

初ファイナルへの扉を開いた投手戦 1996年の選抜は4強を鹿児島実、岡山城東、智辯和歌山、高陽東と西日本勢が独占する形となり、西高東低の大会であった。そんな中、準決勝の第1試合でともに地区大会優勝校であるが、チームカラーは対照的な鹿児...
2008年

浦添商vs慶応 2008年夏

好右腕追い詰めた陸の王者 2008年夏の準々決勝第2試合、この大会のベストバウトと言える名勝負が繰り広げられた。 浦添商は、名将・神谷監督のもと、4強入りした1997年以来9年ぶりの夏の甲子園出場を決めていた。生活指導を...
2023年

大会ベストナイン(2023年夏)

右投手 東恩納蒼(沖縄尚学) 沖縄大会から甲子園の3回戦まで無失点を継続した「琉球のミスターゼロ」。昨秋から注目の実力派右腕だったが、最後の夏はそのコントロールの精度、ボールのキレともにさらにワンランクアップしていた。ボール半...
2023年

2023年選手権決勝予想 仙台育英vs慶応

2023年選手権決勝 仙台育英vs慶応 49.5% 50.5% 〇19-9  浦和学院   〇9-4   北陸 〇8-2    聖光学院   〇6-3   広陵 〇4-3    履正社    〇7-2   沖縄...
2023年

2023年選手権1回戦 大垣日大vs近江(3日目第4試合)

大会3日目第4試合 大垣日大 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 0 1 3 0 0 0 3 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 0 ...
2023年

2023年選手権1回戦 おかやま山陽vs日大山形(3日目第3試合)

大会3日目第3試合 日大山形 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 3 0 5 0 1 × ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました