スポンサーリンク
1996年

福井商vs高陽東 1996年夏

エースで4番同士、譲れない投手戦 奇跡のバックホームで有名な1996年の選手権大会。その準々決勝第1試合はともに大会屈指の右腕に挙げられる好投手同士の投げ合いとなった。 福井商は名将・北野監督に率いられて春夏連続の甲子園...
1985年

PL学園vs宇部商 1985年夏

KKコンビを追い詰めた一心野球 KKコンビの最後の夏となった1985年選手権大会。絶対的な優勝候補を倒そうと幾多のチームが挑戦してきたが、その全てを跳ねのけて最強軍団は勝ち上がってきた。そして、最後の決勝戦、対峙する相手は選抜で対戦経...
2003年

常総学院vs智辯和歌山 2003年夏

早すぎたV候補の激突 2003年の選手権大会は序盤は静かな滑り出しを見せていたが、2回戦で選抜優勝の広陵が岩国に逆転負けを喫すると、ここから優勝候補が次々と姿を消す波乱の展開となる。強豪が同ブロックに固まった影響もあったが、広陵以外に...
1995年

銚子商vsPL学園 1995年選抜

東西のスラッガー、アーチ競演 阪神淡路大震災の影響で開催すらも危ぶまれた1995年の選抜大会。史上初めて鳴り物の応援が禁止されるなど、例年とは違う雰囲気の中、大会初日の第3試合で高校野球ファン垂涎の好カードが組まれた。 ...
2011年

如水館vs東大阪大柏原 2011年夏

2回戦で実現した名将対決 2011年夏の甲子園2回戦は、甲子園を知り尽くした名将同士の対戦となった。 如水館は2年ぶり7回目の甲子園出場。広島商で全国制覇を達成した名将・迫田監督が就任し、平成に入ってからはすっかり常連校...
1983年

PL学園vs池田 1983年夏

高校球界の王者交代を告げた一戦 池田の3季連続優勝がかかった1983年の準決勝第1試合。大半の高校野球ファンは池田の勝利を予想していたが、その結末はあまりに衝撃的なものであった。 池田は前年夏にやまびこ打線で悲願の初優勝...
2007年

佐賀北vs帝京 2007年夏

東の横綱を飲み込んだがばい旋風 2007年の準々決勝第1試合は対照的なチーム同士の顔合わせとなった。 帝京は前年夏が8強、今春の選抜が4強と確実に実績を積み重ね、この夏は満を持して優勝を狙っていた。全国的にV候補筆頭だっ...
1999年

明徳義塾vs滝川第二 1999年選抜

V候補に挑んだ大会屈指の右腕 1999年の1回戦でいきなり大会屈指の好投手とV候補が激突した。 明徳義塾は前年の甲子園で春8強、夏4強と躍進。PL学園、横浜にそれぞれサヨナラ負けしたが、馬淵監督にとっては全国で戦える手ご...
2011年

九州国際大付vs北海 2011年選抜

2年生エース攻略した右打ち 2011年の準々決勝第1試合は対照的なチーム同士の顔合わせとなった。 九州国際大付は三好(広島)-高城(DeNA)のバッテリーを中心に平原、安藤、花田、龍と長打力のある面々がずらりと並んだ強力...
1999年

岡山理大付vs智辯和歌山 1999年夏

怪我を乗り越えてつかんだ逆転勝利 1999年の準決勝第1試合は強力打線を擁するチーム同士の激突となった。 智辯和歌山は2年前に悲願の夏の全国制覇を達成。当時、1年生で優勝メンバーとなった佐々木が4番主将となり、打力は全国...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました